関連リンク

環境経済・経営研究所
Research Institute for Environmental Economics and Management(RIEEM)

環境経済・経営研究所 Research Institute for Environmental Economics and Management(RIEEM)

省エネルギー促進、排出量取引、再生可能エネルギー促進等の環境・エネルギー政策や企業の自主的環境取組を実証的に検証し、国際的な学術誌を中心に成果公表しながら、エビデンスベースの政策提言を目指します。その際、米、欧の研究機関と連携しながら環境政策を比較的に検討し、社会的に需要される政策提言を目指します。経済学、工学、政治学、経営学の学際的なアプローチを用いて、新たな研究領域の創造も目指します。今後、二酸化炭素排出量の増加が見込まれる途上国についても、研究機関と連携しながら分析を行い、アジアでの環境・エネルギー経済学並びに政策学の研究拠点となること目指します。

NEWS

2020.12.1
有村所長と杉野招聘研究員が「アジアにおける脱炭素社会に向けた国際協力の可能性-カーボンプライシング・市場メカニズムの視点-」を環境経済・政策研究に公刊しました。
2020.12.1
宮本招聘研究員、矢島助手、有村所長が、地方自治体のグリーン調達に関して、Sustainability に共著論文を公刊しました。
2020.11.1
尾沼招聘研究員、松本教授、有村教授がEconomic Analysis and Policyに論文を公刊しました。
2020.11.1
有村教授が電力中央研究所の若林上席研究員と、事業所での省エネについてEnergy Efficiencyに共著論文を公刊しました。
2020.10.10
本研究所の「環境省委託研究 環境研究総合推進費【2-2008】」の研究内容を紹介するHPが完成しました。
2020.10.10
環境総合推進費【2-1707】の研究成果としてOA書籍「Carbon Pricing in Japan」がSpringerから刊行されました。
2020.10.10
Discussion paper No.2005E を更新しました。

Advancement of Green Public Purchasing by Category: Do municipality green purchasing policies have any role in Japan?

2020.9.20
研究者インタビューにJoel Malen教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.9.5
Discussion paper No.2004E を更新しました。

Global fossil fuel consumption and carbon pricing: Forecasting and counterfactual analysis under alternative GDP scenarios

2020.9.5
杉野招聘研究員と有村所長が、アジアのエネルギー関連の環境政策について、Asia Economic Policy Reviewに論文を公刊しました。
2020.9.5
松本招聘研究員と尾沼招聘研究員が、Journal of Cleaner Productionに論文を公刊しました。
2020.8.17
Discussion paper No.2003E を更新しました。

Subjective risk belief function in the field: Evidence from cooking fuel choices and health in India

2020.8.17
研究者インタビューに中井美和准教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.7.2
招聘研究員・定行博士と有村所長の豊島区のデータを用いた空き家に関する共同研究が The Review of Regional Studiesに公刊されました。
2020.7.1
有村俊秀所長が、環境科学会の2020年度学術賞論文賞を受賞しました。
2020.6.15
研究者インタビューに鷲津明由教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.6.15
Discussion paper No.2002E を更新しました。

A Computable General Equilibrium Analysis of Environmental Tax Reform in Japan