早稲田大学 環境経済・経営研究所 
Research Institute for Environmental Economics and Management
Waseda University

English

拠点概要

本研究所は、早稲田大学内の各学術院にいる環境関連の人文社会科学分野を中心に研究者を結集し、世界的な視野から環境政策・環境行動をめぐる研究プロジェクトを実施するために組織されました。国際的な学術誌を中心に成果を出すとともに、実証データに基づく政策提言を行うことを目標に掲げています。

現在、5つのプロジェクトを進めています。

(1) 省エネルギープロジェクト
家庭やオフィスビル等の民生部門を中心に、省エネルギーを促進する政策・取り組みについて検証します。サーベイを使った分析の他、社会実験も予定しています。

(2) 途上国プロジェクト
途上国でのクリーンエネルギーや省エネルギー技術の普及の研究を行います。途上国で大きな問題になっている室内大気汚染の改善策も考えます。インドやブータン、中国での調査を予定しています。

(3) 炭素価格プロジェクト
排出量取引や環境税など、価格メカニズムを行った政策が世界的に進んでいます。また、日本では再生可能エネルギー促進のために、固定価格買い取り制度も導入されています。(4)の企業プロジェクトと連携しながら、これらの政策・取り組みについて事後的な実証研究やモデル分析を実施していきます。

(4) 企業プロジェクト
業界団体・企業の自主的な環境・CSR取り組みの実証分析を、経営学的や経済学的な視点から行います。環境規制のサプライチェーンを通じた技術革新への影響についても実証的に研究します。東京都の中小企業を対象としたサーベイも予定しています。

(5) 政策受容プロジェクト
新しい環境・エネルギー政策や技術を個人や企業がどう受容するのか、政治学と経済学の学際的実証研究を目指します。