関連リンク

環境経済・経営研究所
Research Institute for Environmental Economics and Management(RIEEM)

環境経済・経営研究所 Research Institute for Environmental Economics and Management(RIEEM)

省エネルギー促進、排出量取引、再生可能エネルギー促進等の環境・エネルギー政策や企業の自主的環境取組を実証的に検証し、国際的な学術誌を中心に成果公表しながら、エビデンスベースの政策提言を目指します。その際、米、欧の研究機関と連携しながら環境政策を比較的に検討し、社会的に需要される政策提言を目指します。経済学、工学、政治学、経営学の学際的なアプローチを用いて、新たな研究領域の創造も目指します。今後、二酸化炭素排出量の増加が見込まれる途上国についても、研究機関と連携しながら分析を行い、アジアでの環境・エネルギー経済学並びに政策学の研究拠点となること目指します。

NEWS

2020.5.8
研究者インタビューに有村俊秀教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.5.8
早稲田大学 環境経済・経営研究所(RIEEM)公式HPをリニューアルしました。
2020.3.31
令和2年 環境研究総合推進費(研究課題名:暗示的炭素価格を踏まえたカーボンプライシングの制度設計-効率性と地域経済間の公平性を目指して-【課題番号:2-2008】)に採択されました。
2020.2.6
Discussion paper No.2001E を更新しました。

Optimal Dynamic Incentive Contracts between a Principal and Multiple Agents in Controlled Markov Processes: A Constructive Approach

2019.10.17
Discussion paper No.1803E を更新しました。

How much household electricity consumption is actually saved by replacement with Light-Emitting Diodes (LEDs)?

2019.9.30
Discussion paper No.1910E を公開しました。

Subjective Probabilistic Expectations, Indoor Air Pollution, and Health: Evidence from cooking fuel use patterns in India

2019.9.30
Discussion paper No.1909E を公開しました。

Impact of the Saitama Prefecture Target-Setting Emissions Trading Program on the Adoption of Low-Carbon Technology

2019.9.5
Discussion paper No.1908E を公開しました。

The Impact of the Tokyo Emissions Trading Scheme on Office Buildings: What factor contributed to the emission reduction?

2019.9.30
Discussion paper No.1905E を公開しました。

Existence of an optimal path in a continuous time nonconcave Ramsey model

Discussion paper No.1906E を公開しました。

Critical capital stock in a continuous time growth model with a convex-concave production function

Discussion paper No.1907E を公開しました。

Optimal steady state of an economic dynamic model with a nonconcave production function