ネオ・ロジスティクス研究会について

研究会活動

発展するロジスティクスについて参加企業メンバーの協力のもとに、月例会、施設見学会、国際大会などを通して会員相互の啓蒙を図り、情報共有を目指す研究集団です。 ロジスティクスは物の流れ全体のサイクルに着目して、顧客の使用(消費)を目的に、その満足度を高めることを狙った、調達から生産、物的流通、使用支援、回収/廃棄にいたる物の流れと、それを支援するシステムです。情報共有、ライフサイクル指向、顧客満足重視、全体最適、統合化、自律個の連鎖、人間中心などのキーワードで、その特徴を示すことができます。 最近では、サプライチェーンマネジメントやバリューチェーンという言葉も用いられますが、これらはいずれもロジスティクスを異なる視点からみた概念と捉えることができます。ロジスティクスの分野はさらに、e-コマース、マーケットプレース、3PL、国際物流といったより幅広いネットワークへと拡張されています。このような対象について、ロジスティクスの現在の動向を把握し体系的な研究を進めようというのがこの研究会です。