■研修セミナー
2002年3月13日〜17日
Waseda University Spring Seminar in Rome(早稲田大学古代ローマ史セミナー)
 テーマ:「ローマ史研究の方法と史料について」
主催:早稲田大学地中海研究所

3月13日(水)
 午前:Foro Romano, Palatino, Foro imperiale, Colosseo(Kobayashi同行)
午後:市内見学

3月14日(木)
 (A) Catacombe, Appia 街道, カラカラ浴場見学
(B) Ostia 見学
講義
Antonio Sartori「碑文史料について」
Stephan Steingraeber「紀元前1000年間のイタリアの歴史地勢学」

3月15日(金)
 ヴァチカン博物館・サン・ピエトロ見学
(昼食)ペンションにてローマ大学学生と交流
(A) 一緒に食事と討論・ローマ大学訪問
(B) Domus Aurea(グレゴリアーナ大学・修道院見学)
講義
Antonio Sartori「碑文と日常生活」

3月16日(土)
 
講義
Giuseppina Cerulli Irelli「イタリア考古学と古代ローマ研究」
国立博物館(Palazzo Massimo)見学:案内 Sapelli館長
夕方:自由行動

3月17日(日)
 (A) 終日ポンペイ見学
(B) Villa Adriana 見学
 


サイト管理者/小林雅夫 <masaok@waseda.jp> Copyright ©早稲田大学地中海研究所
ページ作成者/松原俊文 <toshi@aoni.waseda.jp> 本ページの無断転載を禁ず