研究内容紹介

リサーチセンター紹介

 早稲田大学は、福島の方々や学内外の関係者のご協力を得て、このたび地域リサーチセンターとして「ふくしま広野未来創造リサーチセンター」を福島県広野町に設置しました。早稲田大学地域リサーチセンターは、早稲田大学環境総合研究センターが大学キャンパス外に設置する学術研究の現場機関です。早稲田大学環境総合研究センターは、環境・エネルギー問題や地域の持続性に関する調査研究を行う研究機関であり、現場・現物・現実主義を旨とします。
   ふくしま広野未来創造リサーチセンターは、国際社会が取り組む持続可能な開発目標(SDGs)なども踏まえ、福島に根ざした持続可能な開発課題に対する学術調査研究を通じて、世界のモデルとなる持続可能な地域再生のあり方を福島の皆さんとともに考えます。
   本地域リサーチセンターの名称は「ふくしま広野未来創造リサーチセンター」としましたが、福島県浜通り地域を中心とした福島復興に関する学術研究拠点として機能すべく、その中核を福島県広野町に置き、周辺市町村や各種団体・組織などとともに地域社会の持続可能な未来を共に考え、共に創っていきたいと考えています。


ふくしま浜通り社会イノベーション・イニシアティブ(SI構想)

            
※本資料の無断複写(コピー)は、著作権法上での例外を除き、禁じられています。

                                                         (クリックして拡大)

センター長

   松岡 俊二      早稲田大学国際学術院(アジア太平洋研究科)・教授

メンバーリスト

副センター長
  師岡 愼一      早稲田大学理工学術院(先進理工学研究科)・特任教授
  小松 和真      福島県広野町復興企画課・課長

招聘研究員
  阿部 加奈子   福島県広野町復興企画課・主任主査
  大和田 徹      福島県広野町復興企画課・主査
  吉田 恵美子   いわきおてんとSUN企業組合・代表、NPO法人The People・理事長
  島村 守彦      いわきおてんとSUN企業組合・事務局長
  根本 賢仁      広野わいわいプロジェクト・理事長
  磯辺 吉彦      広野わいわいプロジェクト・事務局長
  南郷 市兵      福島県立ふたば未来学園高等学校・副校長
  松本 昌弘      福島県楢葉町建設課都市計画係・主任主査
  菅波 香織      未来会議・事務局長、弁護士
  大和田 順子   一社ロハス・ビジネス・アライアンス・共同代表
  小山田 大和   一社エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議・専務理事
  森口 祐一      東京大学大学院工学系研究科・教授
  大手 信人      京都大学大学院情報学研究科・教授
  窪田 亜矢      東京大学大学院工学系研究科・特任教授

研究員
  勝田 正文      早稲田大学理工学術院(環境・エネルギー研究科)・教授
  黒川 哲志      早稲田大学社会科学総合学術院(社会科学研究科)・教授
  岡田 久典      早稲田大学環境総合研究センター・上級研究員
  小野田 弘士   早稲田大学理工学術院(環境・エネルギー研究科)・教授
  永井 祐二      早稲田大学環境総合研究センター・主任研究員(研究院准教授)

センター関連資料

1. 研究計画書
「ふくしま広野未来創造リサーチセンター」研究計画書

2. 開所式およびシンポジウム
開所式およびシンポジウム:2017年5月25日    資料集シンポジウム報告書

3. 運営会議
第1回運営会議:2017年6月30日    次第議事録

第2回運営会議:2017年11月28日    次第議事録
第3回運営会議:2017年12月23日    次第
第4回運営会議:2018年4月19日    次第議事録
第5回運営会議:2018年5月18日    次第議事録
第6回運営会議:2018年6月15日    次第議事録
(テーマ2:農林水産業の再生と風評被害問題)第1回専門家会合:2018年7月10日    開催案内議事録
(テーマ3:再生可能エネルギーとスマトタウン)準備会合:2018年7月13日    議事録
(テーマ2:農林水産業の再生と風評被害問題)第2回専門家会合:2018年7月18日    開催案内議事録
(テーマ1:まちづくりと住民参加)と(テーマ4:1F事故処理・廃炉と汚染水問題)準備会合:2018年7月19日
    議事録
第7回運営会議:2018年7月26日    次第議事録
小高地区および浜通り地域復興状況視察および第8回運営会議:2018年9月13日〜9月14日
    視察報告書次第議事録
第9回運営会議:2018年10月19日    次第議事録
テーマ3ワークショップ:2018年11月2日    開催案内議事録
テーマ2ワークショップ:2018年11月16日    開催案内議事録
第10回運営会議:2018年11月16日    次第議事録
第13回運営会議:2019年3月15日   次第議事録
第14回運営会議:2019年5月24日 次第議事録
第15回運営会議:2019年10月18日 次第議事録 ←NEW!

4. ふくしま学(楽)会
◆第1回ふくしま学(楽)会:2018年1月28日   
第1回ふくしま学(楽)会開催報告書
プログラム
(テーマ1)ふたば未来学園高校・三橋グループ発表 (テーマ2)ふたば未来学園高校・遠藤グループ発表 会場の様子1会場の様子2 会場の様子3

◆第2回ふくしま学(楽)会:2018年8月4日   
チラシ資料集第2回ふくしま学(楽)会開催報告書
第2回ふくしま学(楽)会 寄稿:2018年9月14日    遠藤 瞭(福島県立ふたば未来学園高校3年)

◆第3回ふくしま学(楽)会:2019年1月27日   
チラシ資料集、  第3回ふくしま学(楽)会開催報告書(訂正版)
会場の様子:



◆第4回ふくしま学(楽)会:2019年8月3日
チラシ第4回ふくしま学(楽)会開催報告書
会場の様子:

5. 社会イノベーション・イニシアティブ(SI構想)の第2柱ーー「ふくしま浜通り地域アートの展開
◆ふくしま浜通り芸術祭準備・懇談会:2019年5月24日
   開催案内議事録
◆第1回ふくしま浜通り文化育成と発信事業ワーキンググループ(WG)会合:2019年6月14日
   開催案内議事録
◆第2回ふくしま浜通り文化育成と発信事業ワーキンググループ(WG)会合:2019年10月7日
   開催案内議事録

◆第3回ふくしま浜通り文化育成と発信事業ワーキンググループ(WG)会合:2019年11月29日
 今回のWGは地元の方々との交流と相互理解を深めることを目的し、福島県広野町で一般公開で開催します。興味のある方はぜひご参加ください!
 なお、アートワークショップ「時の封〜ひろの2120」はその翌日に地元で開催されますので、興味のある方は併せて参加いただき、浜通り地域の未来へメッセージーを送りましょう!
   開催案内「時の封〜ひろの2120」チラシ

6. 学会発表
(1)環境経済・政策学会2019大会・福島復興知・企画セッション(2019年9月29日、福島大学)
【報告資料】
・報告資料1:大手信人「原子力災害による森林汚染と地域再生:森林生態学から復興知を考える」
・報告資料2:森口祐一「原子力災害からの環境再生と地域:専門知は復興へ如何に貢献しうるか」
・報告資料3:松岡俊二・朱鈺・CHOI Yunhee・山田美香・李洸昊「福島復興における社会イノベーションと地域の持続性:専門知と地域知から福島復興知を考える」
【報告書】
環境経済・政策学会2019大会・福島復興知・企画セッション報告書
【会場の様子】

6. その他
(1) 福島イノベーション・コースト構想「第1回福島復興学ワークショップ」:2018年3月21日
プログラム松岡報告 ポスター

福島イノベーション・コースト構想「第2回福島復興学ワークショップ」:2018年8月6日
プログラムポスター

(2)『大学院・通信制大学2020』(朝日新聞出版社)レジリエンス研究所研究内容掲載
◆松岡俊二:「サスティナビリティとレジリエンスが統合された社会を形成ことはできるのか。新しい社会制度のあり方を多面から考究する」
早稲田大学アジア太平洋研究科(GSAPS)紹介

▲PAGETOP

Copyright (c) 早稲田大学 東日本大震災復興研究拠点 インフラ・防災系復興研究プロジェクト . All Rights Reserved.