20世紀メディア研究所    The Institute of 20th Century Media
  Home About Our Organization | Intelligence | Newsletter's Backnumbers | Database | DatabaseーKURA | Censorship | Contact us




    
研究所概要
雑誌『インテリジェンス』
ニューズレター・バックナンバー
占領期雑誌目次DB
 (占領期雑誌記事DB)
データベース蔵
検閲研究ウェブサイト
問い合わせ
20世紀メディア研究所「データベース蔵」
データベース一覧

20世紀メディア研究所では、このたび20周年を記念して、「データベース蔵」を開設いたします。これは、20世紀のメディアの研究に関係する資料を、有志の方々が公開する場所を提供するものです。下記のリストにあるリンクから各データベースに接続できます。データベースの利用条件やお問い合わせは、各データベースのページをお読み下さい。また、お手持ちの資料で一般に公開したいという方は、このリストに追加してリンクを張ることが出来ます。
「データベース蔵」についてのお問い合わせは、<[email protected]>までメールを下さいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

「占領期新聞・雑誌情報データベース」NPOインテリジェンス研究所

このデータベースは、メリーランド大学ホーンベーク図書館プランゲ文庫に所蔵されている占領期の日本で発行された雑誌約13,800タイトル、記事196万件、および有力地方紙28紙の記事約126万件の目録情報を、検閲文書の有無に関する項目も含めて納めている。これは新聞・雑誌記事情報データベース化プロジェクト委員会(代表・山本武利氏)が日本学術振興会から平成12(2000)年度〜平成16(2004)年度、および平成18年度(2006)〜平成20年度に得た科学研究費補助金(研究成果公開促進費)によって作成されたものである。2013年7月から有料で公開されいる。占領期の研究には必須のデータベースである。

http://20thdb.jp/

「戦時宣伝ビラ・データベース」

太平洋戦争の時に、連合国軍が日本軍及び日本人に向けて作成した戦時宣伝ビラ約1,500種類の情報を検索できるデータベース。20世紀メディア研究所の所長を務めている土屋礼子が、10年間ほどかけて世界の公文書館・図書館などで収集した宣伝ビラのデータに基づくものである。

http://www.waseda.jp/prj-bira/

「玉音放送体験アーカイブ」

戦争体験者による玉音放送の記録は多く残されているが、大半は数十年後の時間が経過してから編纂されており、記憶違いが目立つ。そこで、国内・満州・朝鮮・台湾・東亜の各放送協会の職員、同盟通信社の社員、および戦時に通信機を取り扱うことができた通信部隊の隊員から、当日の活動と放送の受信状態の聞き取りを行なった。このアーカイブは、玉音放送の送信側と受信側双方の立場から、非常事態における情報伝搬がいかに行われたかを明らかにする音声記録である。

https://www.bunsei.co.jp/member/

Copyright © 2002 The Institute of 20th Century Media. All rights reserved.