早稲田大学は研究成果の事業化のための顧客開発プログラム(試行)の受講者を募集します

概要

大学等研究機関における研究成果の事業化を目指すとき、研究者自身がその研究成果に対して「どのような顧客が存在するのか」「どのようなビジネスプランが最適なのか」を具体的に想定して研究を進めることで、研究活動の効率化や円滑な事業立ち上げが可能になります。

そのため事業の顧客候補に対して事業について想定される需要についてのヒアリングや意識調査を行うことで、ビジネスプランの検証と修正、どのような顧客が存在するかを確認し新たな顧客を探索する一連の活動を実践するプログラムです。

また異なる研究分野の研究者が集まってビジネスモデルの策定とその仮説検証の手法を学び、起業分野で経験豊富な講師のもとでプログラムを受講することで事業化の意識を高めることができます。

なお、今回のプログラムは、早稲田大学が文部科学省の委託を受けて来年度以降のプログラムの本格実施を見据えて行う試行プログラムであり、受講者がプログラムに参加する際の会場までの交通費と、顧客候補に対するヒアリング時の交通費(但し10万円を上限目処とする)は、早稲田大学が負担します。

プログラム

日時場所内容
第1回 12月28日(土)
10:00 ~18:00
早稲田大学
西早稲田キャンパス
54号館
地下1階 02教室
顧客開発モデルの概要講義
ビジネスモデル・キャンパスを利用したビジネスモデル仮説の記述演習
顧客ヒヤリングの実施方法講義
第2回 1月18日(土)
13:00 ~18:00
早稲田大学
西早稲田キャンパス
54号館
地下1階 02教室
受講者から顧客ヒヤリングの仮説検証結果発表とビジネスモデル仮説の修正
(顧客ニーズとそれを満たす価値について)
第3回 2月1日(土)
13:00 ~18:00
早稲田大学
西早稲田キャンパス
54号館
地下1階 02教室
受講者から顧客ヒヤリングの仮説検証結果発表とビジネスモデル仮説の修正
(販売チャンネルについて)
第4回 2月15日(土)
13:00 ~18:00
早稲田大学
早稲田キャンパス
26号館 601教室
※場所が異なります。
受講者から顧客ヒヤリングの仮説検証結果発表とビジネスモデル仮説の修正
(売上モデルについて)
第5回 3月8日(土)
13:00 ~18:00
早稲田大学
西早稲田キャンパス
54号館
地下1階 02教室
受講者から顧客ヒヤリングの仮説検証結果発表とビジネスモデル仮説の修正
総括
応募の方は、以下の情報を明記の上メールを送信して下さい。
件名:研究成果の事業化のための顧客開発プログラムへの申し込み
本文:氏名(漢字)/ 氏名(カナ)/ 住所/ 電話番号/ メールアドレス/
   所属大学院等/ 所属学科研究室/ 学位/
   本講座で題材とする研究成果の概要/
※応募は11/22(金)から受付致します。
お申し込みはこちら

講師について

堤 孝志

金融機関系VC所属のベンチャーキャピタリスト
商社時代から一貫して新規事業の立ち上げに取り組む
ベンチャー支援経験から得たノウハウが
「Four Steps to the Epiphany」に言い尽くされていることに衝撃をうけ顧客開発モデルの主唱者Steve Blank氏に掛け合って同書を翻訳出版、顧客開発モデルの普及に取り組む

訳書に『アントレプレナーの教科書』、『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『顧客開発のトリセツ』(自費出版)等がある。

飯野 将人

金融機関、外資系金融、金融機関系VCを経て現在はナント・モバイル株式会社COO。
ナント・モバイルはモバイル向けの画像認識技術やAR技術の事業化に取り組む米国発のスタートアップ
堤と共に顧客開発モデルの普及啓蒙に取り組むかたわら、自ら経営するナント・モバイルで同モデルの実践に取り組む

事前準備と教科書、顧客ヒヤリングについて

受講者は以下の教科書を事前に予習して参加することを求められます。

「スタートアップ・マニュアル」(翔泳社)スティーブ・ブランク書、堤 孝志、飯野将人共訳

本プログラムを通じて事業化の検討を行いたい研究テーマの名前と簡単な説明を、各グループ(個人参加の場合は各自)スライド2枚以内にまとめたうえでご参加ください。
全5回の講座を通じて毎回次回講座までの間に顧客ヒヤリング(5件)が宿題として課されますので、その負担も考慮したうえでご参加ください。

対象者

国公私立大学、国公私立高等専門学校、大学共同利用機関法人及び独立行政法人に所属し、理工学分野の研究を行う博士研究員、助教、博士課程後期大学院生

15名まで(受講希望者が上限を上回った場合、主催者による選抜を行います)
研究成果の事業化をテーマとするプログラムであるため3名程度でのグループ受講が望ましい。

受講料

無料。
受講に際して必要な以下の交通費も主催者が負担します。

受講者がプログラムに参加する際の会場までの交通費
本プログラムが要求する顧客候補に対するヒヤリング時の交通費(但し10万円を上限目処とする)

応募の方は、以下の情報を明記の上メールを送信して下さい。
件名:研究成果の事業化のための顧客開発プログラムへの申し込み
本文:氏名(漢字)/ 氏名(カナ)/ 住所/ 電話番号/ メールアドレス/
   所属大学院等/ 所属学科研究室/ 学位/
   本講座で題材とする研究成果の概要/
※応募は11/22(金)から受付致します。
お申し込みはこちら

主催者およびお問い合わせ先

早稲田大学 創造理工学研究科 経営デザイン専攻

コース責任者 専攻主任 高田 祥三

事務局 株式会社早稲田総研イニシアティブ 八懸 幸治清水 綾子

東京都新宿区大久保3丁目4番1号

個人情報の取り扱いについて

早稲田大学では、個人情報保護に関する法律を踏まえ、学内に個人情報保護委員会を設置し、個人情報の安全保護及び正確性の維持のため、
種々の対策を講じています。
事務局では、ご応募される皆様の個人情報について、学内で取り扱う個人情報と同様に、以下の事項について管理を徹底いたします。

  • 一.紛失、毀損、破損その他の事故の防止
  • 二.改ざん及び漏えいの防止
  • 三.個人情報の正確性及び最新性の維持
  • 四.不要となった個人情報の速やかな廃棄または消去

従いまして、ご応募いただいた皆様の個人情報は、事務局内にて厳重に管理し、応募内容の問い合わせ、運営に必要な書類、配布物等の作成、
本プロジェクトのご紹介等のみに使用し、他の目的には一切使用いたしません。
ご応募の際は、以上の個人情報の取り扱いについてご承諾のうえ、ご応募いただきますよう、お願いいたします。

ページトップへ戻る