共同研究:平成29年度研究課題リスト

テーマ研究課題
  1. 坪内逍遙・坪内士行資料の基礎的調査研究 / 濱口久仁子(立教大学異文化コ ミュニケーション学部/兼任講師)

公募研究課題
  1. 楽譜資料の調査を中心とした無声期の映画館と音楽の研究 / 長木誠司 (東京大学大学院総合文化研究科/教授)
  2. 演劇博物館所蔵の映画館資料に関する複合的カタロギング / 上田学 (神戸学院大学人文学部/准教授)
  3. 視覚文化史における幻燈の位置:明治・大正期における幻燈スライドと諸視覚文化のインターメディアルな影響関係にかんする研究 / 大久保遼(愛知大学文学部人文社会学科/特任助教)
  4. 中華民国期の伝統演劇資料から見る劇場と劇種に関する研究 / 鈴木 直子 (立教大学ランゲージセンター/教育講師)

テーマ研究課題
1. 坪内逍遙、坪内士行の基礎的調査研究


代表者

濱口久仁子(立教大学異文化コミュニケーション学部兼任講師)

研究分担者

菊池明(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)
小島智章(武蔵野美術大学通信教育課程非常勤講師)
松山薫(早稲田大学図書館専任職員)
水田佳穂(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)
柳澤和子(早稲田大学教育総合科学学術院非常勤講師)

課題概要

坪内逍遙資料については、逍遙宛て書簡を中心とした未公開資料の調査、目録作成を行ない、順次、考証・翻刻作業を進める。
坪内士行資料については、館蔵資料の全貌を調査したうえで、今後の資料公開へ向けた整理、目録作成を行う。


公募研究課題
1. 楽譜資料の調査を中心とした無声期の映画館と音楽の研究


研究代表者(所属)

長木誠司(東京大学文学院総合文化研究科教授)

研究分担者(所属)

紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター客員研究員)
白井史人(日本学術振興会 特別研究員 PD)
山上揚平(東京藝術大学音楽学部非常勤講師)

課題概要

大正から昭和初期の無声映画の上映に伴う音楽演奏のあり方を、楽譜資料と映画館興行に 関する文献資料の分析を通じて明らかにすることが本研究の目的である。本年度は演劇博 物館所蔵の無声映画伴奏譜「ヒラノ・コレクション」のデータベースを改訂し、音楽面の 特徴や、使用五線紙・楽譜の流通形態などを分析する。さらに、他館所蔵の楽譜資料との 比較を行い、雑誌記事・映画館週報などを検討することで映像との組み合わせを再構成す る。上映や音源作成による成果公開を目指す。


公募研究課題
2. 演劇博物館所蔵の映画館資料に関する複合的カタロギング


代表者

上田学(神戸学院大学人文学部准教授)

研究分担者

スザンネ・シェアマン(明治大学法学部教授)
ローランド・ドメーニグ(明治学院大学文学部准教授)
板倉史明(神戸大学大学院国際文化学研究科准教授)
仁井田千絵(早稲田大学演劇博物館招聘研究員)
近藤和都(日本学術振興会 特別研究員PD)

課題概要

本研究の目的は、演劇博物館が所蔵する映画館興行関連資料のなかから、大正期から昭和 初期にかけての資料に焦点を絞り、当該期の日本映画史における興行の機能を明らかにす ることにある。具体的に本研究は、演劇博物館所蔵の複数の一次資料を研究対象とし、そ の興行内容に踏み込んだ複合的なカタロギングを進める。また web データベースの公開準 備が進んでいる映画館プログラムについて、本研究のカタロギングにもとづく関係データ ベースを構築する。


公募研究課題
3. 視覚文化史における幻燈の位置:明治・大正期における幻燈スライドと諸視 覚文化のインターメディアルな影響関係にかんする研究


代表者

大久保遼(愛知大学文学部人文社会学科特任助教)

研究分担者

草原真知子(早稲田大学文学学術院教授)
遠藤みゆき(東京都写真美術館学芸員)
向後恵理子(明星大学人文学部准教授)

課題概要

演劇博物館には、世界的に見てもきわめて貴重な映画前史の映像文化に関する資料が数多 く収蔵されている。本共同研究チームは、2015 年度までに館蔵の幻燈スライドのコレクシ ョンの体系的な整理を行い、その成果を展示や図録、データベースなどによって公開して きた。2016 年度はこうした成果を踏まえ、館蔵の幻燈資料を館外のスライドや関連資料と 突き合わせることで、明治・大正期の幻燈文化の広がりと、同時代の視覚文化とのインタ ーメディアルな影響関係を明らかにする。


公募研究課題
4. 中華民国期の伝統演劇資料から見る劇場と劇種に関する研究


代表者

鈴木直子(立教大学・ランゲージセンター・教育講師)

研究分担者

波多野眞矢(早稲田大学・商学部・非常勤講師)

課題概要

民国期の劇場番付(資料番号24 中国民国期劇場番付一括 49 点)についての調 査・整 理を行い、それに基づき研究代表者と研究分担者が各専門分野に関連した研究を 進める。 番付の場所や人物、劇種という情報から、伝統演劇、新劇、映画という各ジャ ンルの接点 や興行の形態、推移等各自の研究に関連した成果が期待できる。番付そのものの価値の確 認と、民国期の伝統演劇や周辺ジャンルとの関連性を具体的に解明することを目的とする。