採用情報

Recruit

2016年度 研究助手募集

募集は終了しました。

研究助手募集

早稲田大学演劇博物館「演劇映像学連携研究拠点」研究助手 募集要項

早稲田大学演劇博物館「演劇映像学連携研究拠点」では、下記のとおり研究助手を募集いたします。
 ※演劇博物館ホームページにも、当募集要項が掲載されています。そちらもあわせてご参照ください。

募集人数:1名

勤務形態:常勤(任期あり)

募集分野:演劇・映像分野の若手研究者

募集期間:2016年4月5日(火)~2016年4月21日(木)(必着)

資  格:早稲田大学研究助手(早稲田大学演劇博物館所属)

契約期間:2016年 6月1日~2017年3月31日

契約期間満了後、業績・勤務状況等を考慮のうえ、1年を超えない範囲で契約を更新する場合がある。
最長2019年3月31日まで。
ただし、年度ごとに決定される文部科学省の補助金に採択されることを契約更新の前提とする。

勤務内容:「演劇映像学連携研究拠点」における共同研究プロジェクトの運営補助

就業場所:早稲田大学各キャンパス

勤務時間等:原則として土日を除く週4日以上、合計週40時間以内

その他  本大学の任期を定めた教員等就業規程による。

応募資格:下記条件のいずれかを満たす者

修士の学位を取得した者、またはこれと同等以上の学力を有する若手研究者。
英語による外国との連絡・交渉等が可能である事。
本学助手または研究助手の職歴を持つものでも応募可能とする。
提出書類:(1)早稲田大学任用履歴書・教育研究業績(早稲田大学所定の書式・カラー写真貼付)
1部
書式はこちら、Word PDF ※
(記入要領、記入例、別紙専攻分野一覧)
(2)志望理由書(1200字以内)1部
(3)指導教授またはそれに代わる研究指導者の推薦書1通
(4)主要業績3本(コピー可)
※上記応募書類(2)、(3)はA4で統一し、日本語での執筆を原則とする。

選考方法:第1次 書類選考
第2次 面接(対象者のみ、2016年5月9日(月)予定)
注意事項(1)面接に出席するための交通・宿泊は応募者が各自手配し、費用は自己負担とする。
(2)応募書類は原則として返却しない。
(3)合否通知を除き、すべての連絡は履歴書に書かれたEメール宛におこなう。

提出先:〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学演劇博物館 連携研究拠点宛
封筒の表に「演劇博物館研究助手応募書類在中」と朱書し、簡易書留で郵送してください。
締切り間近の場合は速達にしてください。
問合先:演劇博物館連携研究拠点(メールでお問い合せください)
 ※4月29日~5月5日は大学休日のため返信はできません

TEL:03-5286-1829 FAX:03-5273-4398
E-MAIL:kyodo-enpaku_atmark_list.waseda.jp
  ※_atmark_は@に変えて送信して下さい