演劇博物館九十周年記念
上海崑劇団「崑劇キャンパス講座」二十周年レクチャー&パフォーマンス

崑劇と日本の百年

梅蘭芳訪日公演から現在まで

    ◆日時 2018年10月23日(火)17:00~20:00(開場 16:30)
    ◆会場 早稲田大学 大隈記念講堂
    ◆入場無料・予約不要

    kongeki1 kongeki2

    趣旨

    崑劇は中国を代表する伝統演劇の一つであり、清の時代には最も洗練された演劇「雅部」として珍重され、後に勃興する京劇などにも大きな影響を与えてきました。21世紀に入ってからは、ユネスコの世界無形文化遺産にも登録され、中国内外で古典芸術の一つとして幅広く愛好されています。

    来年2019年は、中国の著名な女形俳優梅蘭芳が初めての訪日公演を行ってからちょうど百年目の記念すべき年となります。1919年4月末に来日した梅蘭芳一行は、東京、大阪、神戸の三都市を巡業し、『琴挑』、『思凡』、『遊園驚夢』、『春香鬧学』など崑劇の代表的演目を上演しました。

    この梅蘭芳初訪日公演をバックアップした福地信世は、同時期に長期間中国に滞在し、劇場通いをしながら数多くのスケッチを残しました。『支那の芝居スケッチ帖』としてまとめられたこれらのスケッチには、梅蘭芳の演じる崑劇を含め、当時の俳優や劇場の様子が鮮やかな水彩で描かれています。

    『支那の芝居スケッチ帖』はその後早稲田大学演劇博物館に寄贈され、現在演劇映像学連携研究拠点において、「描かれた中国演劇と大正期日本:福地信世『支那の芝居スケッチ帖』を中心に」という共同研究を進めています。

    今回は、東京国際映画再参加のために来日する上海崑劇団代表団の皆さんに、1919年に梅蘭芳が演じた『琴挑』をはじめとする伝統演目三作品を上演していただくと同時に、著名な女優でもある谷好好団長に崑劇の美学や特質について講演をしていただきます。

    この得がたい機会に、崑劇についての認識を深めると同時に、梅蘭芳の初訪日公演が行われ、福地信世が多くのスケッチを残した大正時代における日本と崑劇との関わりを回顧したいと思います。

    kongeki6

    プログラム

    司会:平林宣和(早稲田大学)

    第1部 17:00-17:45

    解説「崑劇と日本」
       平林宣和(早稲田大学)
    講座「崑劇について」
       谷好好(上海崑劇団団長)

    第2部 18:00-20:00

    崑劇上演
     『虎嚢弾・山亭』
       魯智深:呉 双
       酒屋:侯 哲
     『玉簪記・琴挑』
       潘必正:黎 安
       陳妙常:陳 莉
     『扈家荘』
       扈三娘:銭瑜テイ
         王 英:趙 磊
         林 冲:季雲峰

    kongeki4 kongeki5

    主催:早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点
    共催:株式会社ムーラン・プロモーション
    問い合わせ先:平林宣和 en-kongeki_atmark_list.waseda.jp
    (_atmark_は@にかえて送信してください)

    ※この催しは、文部科学省「共同利用・共同研究拠点」(演劇映像学連携研究拠点)平成30年度公募研究課題「描かれた中国演劇と大正期日本:福地信世『支那の芝居スケッチ帖』を中心に」(研究代表者:平林宣和)の成果公開の一環として行われます。