早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点 | Collaborative Research Center for Theatre and Film Arts

研究会

Activity

  • 公募研究 「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」の主催イベント

    公開研究会
    無声期の映画館における和洋合奏:楽譜資料「ヒラノ・コレクション」とSPレコード


    ◆日時 2018年1月13日(土)13:30~17:30(予定)
    ◆会場:早稲田大学小野記念講堂
    ◆入場無料・予約不要

    Hirano Collection 2017-1  Hirano Collection 2017-2


    開催趣旨

    無声映画の時代、時代劇には和洋合奏で音楽がつけられていました。演劇博物館に所蔵されている「ヒラノ・コレクション」は、当時の映画館で実際に使用されていた楽譜資料で、演奏の実態を今日に伝える貴重な資料となっています。ところが、同時期に流通したSPレコードには、コレクションの譜面にはない様々な鳴物の音が確認できます。そこで研究会の第1部では、楽譜や文献とともに、改めてSPレコードの音源等を交えて当時の和洋合奏のあり方を再検証します。第2部ではその成果に基づき、鳴物をふくめた和洋合奏によって『忠次旅日記』の上映を行います。


    プログラム

    第1部 シンポジウム(13:30-15:00)

    発表 日活直営館における時代劇伴奏と和洋合奏
      柴田康太郎(早稲田大学演劇博物館研究助手)
    発表ヒラノ・コレクションからみる場面別表現と邦楽器
      白井史人(日本学術振興会特別研究員PD)
    発表 無声期日本映画の「尖端」と映画館における語り・音楽
      紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター特定研究員)
    音源紹介『忠次旅日記』に関するSPレコード
      片岡一郎(活動写真弁士)
    邦楽解説SPレコードにおける邦楽表現
      堅田喜三代(邦楽演奏家)
    コメント   アーロン・ジェロー(イェール大学教授)

    15:00 –15:15 休憩(15分)

    第2部 参考上映『忠次旅日記』(15:15-17:30)

    1927年、日活大将軍、111分、35mm、染色・無声・不完全  ※東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品
    監督:伊藤大輔、出演:大河内傳次郎、中村英雄、澤蘭子、伏見直江

    ※フィルムセンター所蔵映像にくわえ以下の2つの断片フィルムも上映します
    ・『忠次旅日記 甲州殺陣篇』(演劇博物館蔵、約1分)
    ・『忠次旅日記 信州血笑篇』(牧由尚氏個人蔵、約1分)


    出演
    片岡一郎(活動写真弁士)
    湯浅ジョウイチ(指揮)
    鈴木真紀子(フルート)、古橋ユキ(ヴァイオリン)、川上統(チェロ)、丹原要(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線)、堅田喜三代(鳴物)


    主催 早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点 公募研究「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」
    協力 東京国立近代美術館フィルムセンター、日活株式会社
    画像・映像提供 牧由尚