本文へスキップ
早稲田大学自動車・部品産業研究所ホームページへようこそ!                       
Welcome to the Research Institute of Automobile and Parts Industries, WASEDA University!  

自動車部品産業研究所概要

研究所紹介

当研究所は2003年10月に早稲田大学総合研究機構のプロジェクト研究所の一つとして設立されました。日本の自動車産業は日本を代表する基幹産業の一つで、世界に冠たる競争力のある産業としての地位を確立してきました。この自動車産業の競争力は自動車の付加価値の7割前後を担っている部品産業の開発から製造に関わる部品企業の優秀さによるものと言っても過言ではありません。しかし、日本には自動車産業や自動車それ自体の研究機関は多数あるものの、自動車部品産業を対象とした研究機関はありませんでした。
 研究所設立当時はそのような点に着目し、早稲田大学の研究者と自動車部品企業の経営者などが一体となって、自動車部品産業の立場から日本の自動車産業のプレゼンスを更に高めていこうという趣旨で設立したものです。このような観点から、研究所のメンバー(客員教授)として日産自動車(株)の共同会長および(社)日本自動車工業会会長を歴任された小枝至氏、部品企業大手のカルソニックカンセイ(株)の社長および(社)日本自動車部品工業会会長を歴任された故大野陽男氏、(社)日本自動車部品工業会副会長・専務理事をされている橋武秀氏、デルファイアジアパシフィックのプレジデントを歴任された全春澤氏など産業界、官界からも多彩な方々に参加して頂いてきました。また、毎月開催している研究会の講師にも大学教授、日産自動車(株)、トヨタ自動車(株)など自動車メーカーや素材メーカーの専門家、経済産業省自動車課長、自動車産業アナリストなど自動車産業分野に詳しい専門家を招き、聴講者と共に活発な討議を展開しています。
 研究所のこのような活動を通じて、実務的視点と学術的視点の融合を目指し、「ものづくり」重視から「市場」、「マーケティング」、「社会・文化」をとりこんだ総合的視点で、研究者、産業人を育て、文字通り産学官一体の活動で実績を積み重ねています。以下、簡単に研究所の目的、研究課題、主な研究所活動について記載致します。


研究所の目的
 
グローバル市場における自動車部品産業の現状と将来像を多様な側面から検討し、世界をリードする自動車部品産業の構築に向けた課題を研究し、教育、提言活動を目的とします。 

研究課題

世界の自動車部品産業の現状

世界自動車部品産業の構造変化
各国自動車部品産業の世界展開と世界戦略
各国自動車部品産業の「環境車対応」、「新興国対応」、「低価格車対応」
世界自動車産業のエコカー戦略
日韓両国自動車産業の中国・インド展


研究所の主な活動

☆ 研究会の開催

 毎月1回、早大西早稲田ビル教室において企業経営者・管理者、シンクタンク、大学院生など約30名を集め、研究界、産業界、経済産業省など行政、自動車産業アナリストなど著名人による講演会と討議会を実施しています。講演テーマについては、近年の自動車業界での最大の課題である電気自動車など環境対応車の動向、BRICsなど新興国(工場として、市場としての)の現状と対応、低価格車、素材関連など幅広い内容について専門家からの講演を頂き、その後の質疑応答など活発な討議が行われています。
 2014年の研究会コースとしては、次のようなコースを設けています。
  総合コース : 「日本の自動車部品産業の課題と対応」
  各論コースT: 「欧州およびアセアン自動車・部品産業の現状と課題」
  各論コースU: 「BRICsに続く市場での自動車・部品産業動向」

☆ シンポジウムの開催
 毎年1〜2回、早大西早稲田ビル内において環境、新興国などの動向に詳しい専門家、海外大学教授、行政の方々の基調講演を基に研究者、企業経営者、シンクタンクなどの方々のパネルディスカッションを行っています。テーマはその時期に関心を集めている内容などを取り上げています。
 2012年11月開催のシンポジウムでは「ブラジル自動車・部品産業の現状と課題」というテーマを取り上げました。

☆ 国内調査活動
 北九州地区、東北地区、神奈川県・新潟県など自動車産業集積地を中心に毎年調査活動を行ってきました。その成果を研究会や紀要誌上で公開しています。

☆ 海外自動車・同部品産業調査と受託調査・研究
 中国及び韓国の大学、企業、政府機関、その他研究機関の協力を得て定期的に海外自動車・同部品産業の調査活動を行います。これと関連して、受託調査及び研究も実施しています。
 これまで毎年数回に渡って中国、韓国、インド、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、ラオス、カンボジア等のアセアン諸国、フランス、ドイツ等の欧州地域、北米地域、ブラジルをはじめとするの南米地域の自動車・同部品産業を調査し、その成果を当研究所の研究会を通して公開するとともに、教育にも反映させていただいております。

☆ 著作出版
 年2回、「早稲田大学自動車部品産業研究所紀要」を発行し、論文や研究ノートなどの発表の場としています。また、BRICsなど新興国の市場動向、発展著しい韓国自動車業界、エコカーなどについての書籍を出版しています。

共同研究、受託研究調査、コンサルティング・部品企業の宣伝・広告活動も承ります!
詳しくは部品研事務局(Buhinken@list.waseda.jp)までお問い合わせください。



早稲田大学自動車・部品産業研究所 

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-21-1
早稲田大学西早稲田ビル19号館
3F 306号室

TEL 03-5286-1992
 内線 78-8605
Email Buhinken@list.waseda.jp
http://www.waseda.jp/prj-japiri