J-CAREER WASEDA PROJECT

「女性・しごと・ライフデザイン」開講

オープン教育センターにて「女性・しごと・ライフデザイン」の講座が始まりました。

場所:早稲田大学15号館301教室 [地図new window

時限:金曜4限(14:40〜16:10)

詳しくは、[シラバスnew windowをご覧ください。

(2006/02/15)

文部科学省委託「女性のキャリア形成支援事業」 教員・研究者による検討会

「山形西高生の夢・しごと・未来(その3)科学技術分野をめざして」

テーマ:女子高校生のキャリア支援の課題──科学技術分野を視野に──

主催:山形県立山形西高等学校new window、早稲田大学 J-CAREER Waseda Project、国立女性教育会館new window

後援:山形県男女共同参画センターnew window

日時:2006年5月22日(月)16:00−17:30

場所:山形西高等学校会議室

講師と進行:
   瀬沼花子さん(国立教育政策研究所new window・統括研究官、数学教育):「数学教育の国際調査からみた理数科と性差の問題」
   中澤智恵さん(東京学芸大学new window助教授):「理科離れをめぐる国内調査等の成果」

コーディネーター:羽田野慶子(国立女性教育会館)、矢口徹也(早稲田大学)

(2006/05/25)

大学生支援事業:「私らしく」を見つけた女性たち を開催しました

当日は、200名ほどの参加者があり盛んな意見交換の場ともなりました。

ゲスト・スピーカー:野村浩子氏 『日経ウーマン』編集長

日時:2006年6月12日(月)18:10〜19:30

場所:早稲田大学 14号館101教室(東京都新宿区) [地図new window

詳しくは、[チラシ(MS Word)new windowをご覧ください。

(2006/06/16)

パネル・ディスカッション 浦和一女生の夢・仕事・未来(2)

パネル・ディスカッション 浦和一女生の夢・仕事・未来(2)を開催しました。

目的:本セッションは文部科学省委託事業「女性のキャリア形成支援事業」の一環として実施する。高等学校、大学、教育関係機関の協力によって女子高校生に現代の20代、30代女性のロールモデルを提示し、彼女たちに将来のキャリア・プランを考える機会を提供することを目的とする。あわせて継続的にフィードバックを行ってセッション・プログラムの最適化をはかり、女子高校生のキャリア教育について検討を続けるものである。本年度は昨年に引き続き、科学技術分野の進路選択を含めたセッションとする。

日時:2006年7月15日(土)13:00-15:00

場所:浦和第一女子高等学校

パネラー:
田 令子さん(日本学術振興会特別研究員 理学博士 浦和一女OG)
      関根 啓子さん(大日本印刷)

詳しくは、[要項new windowをご覧ください。

(2006/07/21)

高校生の夢・仕事・未来 教員・研修交流会

高校生の夢・仕事・未来 教員・研修交流会 ──文部科学省委託事業・女子高校生のキャリア・プランを考える──を開催しました。

主催:早稲田大学J-CAREER WASEDA PROJECT、国立女性教育会館

日時:2006年7月12日(水)14:00-7月13日(木)12:30

場所:国立女性教育会館

講師・助言者:
東海林 明(山形県立山形西高等学校 校長) 星 亮一(山形西高等学校進路指導課長)
山口 善子(埼玉県立浦和第一女子高等学校 校長) 高崎 敦(浦和第一女子高等学校)
中澤 智恵(東京学芸大学 助教授)  谷口 理(松蔭高等学校 進路指導部長)

コーディネーター:羽田野 慶子(国立女性教育会館 研究員) 矢口 徹也(早稲田大学 教授)

詳しくは、[要項new windowをご覧ください。

(2006/07/21)

過去の事業

[2005年度の事業]

[2004年度の事業]

[J-CAREER WASEDA PROJECT ホームページ]