早稲田大学東日本大震災復興支援法務プロジェクト

 >>ご挨拶 


 この度の東日本大震災において地震津波災害および原子力災害に被災された皆様 に心よりお見舞い申し上げます。


 早稲田大学東日本大震災復興支援法務プロジェクトは、 東日本大震災における地震津波災害および原子力災害の被災者救援・支援の現場を担っている法曹関係者・行政機関職員・ボランティアグループの皆さまに対して、法務実務と法務教育に携わる者として、後方支援の形で、微力ではありますが、できる限りの支援をさせていただきたいと考えております。

 しかし残念なことに、皆様が今どのような形の法律制度、法律実務に関する疑問をお持ちであり、どのような法律知識を必要とされているか?についての具体的な情報がありません。
 もしお役に立てることがありましたら、ご遠慮なくご一報下さい。私たちの持てる知識と早稲田大学学内の協力者の知識を動員して、全力で皆様に支援させて頂く所存です。



 <他団体イベント告知>

 東日本大震災復興研究拠点・自然文化安全都市研究所主催のシンポジウム
 『東日本大震災復興と自然文化安全都市へ向けた課題』において、
 日置雅晴教授が浪江町の仮の町構想に関連する報告を行います。  9/28update

 本プロジェクトの一員である日置雅晴教授が、プロジェクトにおける福島県浪江町での活動内容も含め、被災地の抱えている問題点、今後の復興のあり方などについて報告を行います。

 プログラム等の詳細については、東日本大震災復興シンポジウム「東日本大震災復興と自然文化安全都市へ向けた課題」(外部リンク)をご参照下さい。



  日時 2012年10月6日(土) 午前13時から15時
  場所 小野梓記念講堂




 <他団体イベント告知>

 早稲田大学ロージャーナルLaw&Practice主催の講演会
 『震災と法律家―釜石ひまわり基金―』が、釜石ひまわり基金法律事務所所長
 佐藤文行先生を講師に招いて行われます。  9/28update

 震災を前にして現地の弁護士がいかなる活動を行ってきたのか、その活動の中で見聞きし感じたこと、活動によってどのような成果が生まれたのかなどを語って頂きます。
 ※ この講演会は早稲田大学ロースクール所属の学生・教授のみへの公開となっております。 ※



  日時 2012年10月5日(土) 午前18時半から20時
  場所 早稲田大学27号館301教室






 (郵便物送付先)  
  東京都新宿区西早稲田1丁目21番2号
   西早稲田南ウイング1階
   早稲田大学早稲田キャンパス19-2号館 早稲田大学リーガルクリニック内

 連絡先
  メール [email protected] (当面)
  電話  常駐のスタッフがいないので原則として連絡はメールでお願いします
      電話以外で連絡できない場合のみ
         03-5228-0342 神楽坂キーストーン法律事務所 日置まで
          (平日10時から5時)


※プロジェクトでは、メーリングリストにて情報の交換・発信を行っています。

 メーリングリストに関心のある方は、こちらへ