コンディショニングと栄養

TOP > コンディショニングと栄養 >  アスリートの食事

アスリートの食事

栄養バランスの良い「食事の基本形」

これが1食のベストバランス!

これが1食のベストバランス!

主食(ごはん、パン、もち、うどん、パスタなど) : エネルギー源

主食に豊富に含まれる糖質は、運動中の主なエネルギー源です。また脳の唯一のエネルギー源といわれるブドウ糖も主食を摂ることで確保できますので、アスリートの方はしっかりと主食を摂るように心がけましょう。合宿や強化練習などで練習量が多くなる場合には、その分主食も増やすことをお勧めします。

主菜(肉、魚、豆腐、卵など) : 筋肉を作る

主菜はたんぱく質を多く含むお肉や魚、豆腐、卵などを使ったメインのおかずです。たんぱく質は筋肉や骨、血液など身体を作る主材料ですので毎食必ず摂りましょう。

副菜(野菜、きのこ、いもなど) : 体調を整える

副菜はビタミンやミネラル、食物繊維を多く含む野菜や海藻、豆類などを使ったおかずです。毎食2-3品摂るように心がけましょう。野菜や海藻のたっぷり入った汁物も副菜に含まれますので、副菜+汁物の組み合わせがお勧めです。

牛乳・乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)

乳製品にはカルシウムやたんぱく質、ビタミンB2が含まれています。ビタミンB2は糖質・脂質のエネルギーへの変換やたんぱく質の分解・合成を助ける働きをします。また、油に溶けにくく身体に蓄積されないビタミンですので、毎食摂取することをお勧めします。

果物

果物には適度な水分と糖質、ビタミンCが含まれています。ビタミンは抗ストレス作用、鉄分の吸収促進、コラーゲンの生成にも必要ですので、果物の摂取を心がけましょう。

ページの先頭へ