このサイトについて

TOP >  このサイトについて

このサイトについて

スポーツ庁委託事業 女性アスリートの育成・支援プロジェクト

オリンピック競技大会においては、女性が参加できる競技数(メダル数)が増加しており、特に、近年の夏季大会でわが国の女性アスリートのメダル獲得率は男性アスリートより高くなっています。こうした分野における競技力の向上は、重要な課題となってきていますが、女性アスリートに対する効果的な支援の在り方についてはいまだ研究・開発の途上にあります。

そこで、女性特有の課題に着目した女性アスリートの戦略的強化に質する調査研究や、女性競技種目における戦略的かつ実践的な強化のためのモデルプログラムによる女性アスリートの育成、女性特有の課題に対応した医・科学サポートなどに関するモデル支援プログラムを実施し、女性アスリートの国際競技力の向上を図ることを目的とした事業です。(文部科学白書2014より)

女性アスリートの戦略的強化に向けた調査研究

早稲田大学 女性アスリートの育成・支援プロジェクト

早稲田大学スポーツ科学学術院教授
プロジェクトリーダー / 公認スポーツ栄養士 田口素子

女性アスリートの競技力向上を阻む三主徴として骨粗鬆症、無月経、摂食障害が知られており、特に低体重・低体脂肪であることを要求される競技で問題となっています。近年、それらを引き起こす要因は相対的エネルギー不足であることが報告されましたが、日本人女性アスリートが相対的エネルギー不足状況にあるかは不明であり、スポーツ・健康リスクとの関連についても明確なエビデンスはありません。

日頃の医・科学サポートを実施する中で、女性アスリートには特有の外科的問題、内科的問題、心理学的問題、栄養学的問題、社会的問題が存在しています。国際競技力向上またはジュニアを含むアスリート育成・支援のためには、一つひとつ問題を解決していくことが求められますが、“女性選手の三主徴”に示されているように、それぞれの要因は複雑に関連し合っていると考えられます。そのため、抽出された問題に対してスポーツ医・科学を駆使した連携サポートの必要があると考えます。

そこで本プロジェクトでは、これまでほとんど検討されてこなかった我が国の女性アスリートの低エネルギー状態(相対的エネルギー不足状態)と、外科的・内科的障害発生状況、身体的コンディションや月経状況、心理的コンディションなどとの関連を明らかにし、現場に還元することを目指します。本学スポーツ科学学術院には、日本陸上競技連盟、日本水泳連盟、日本サッカー協会のような中央競技団体等においてスポーツドクター、アスレティックトレーナー、公認スポーツ栄養士、トレーニング指導者など様々な立場で医・科学サポートを実施している教員や研究員が多数おり、知を結集して競技力向上を阻害する要因の排除に取り組んでいます。

プロジェクトメンバー

田口 素子

田口 素子
早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 / 公認スポーツ栄養士
早稲田大学スポーツ栄養研究所 所長
公益財団法人日本陸上競技連盟 医事委員

鳥居 俊

鳥居 俊
早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授 / スポーツドクター(整形外科)
早稲田大学発育発達研究所 所長
公益財団法人日本陸上競技連盟 医事委員

金岡 恒治

金岡 恒治
早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 / スポーツドクター(整形外科)
公益財団法人日本水泳連盟 理事・医事委員長

広瀬 統一

広瀬 統一
スポーツ科学学術院 教授 / アスレティックトレーナー
公益財団法人日本サッカー協会 なでしこジャパン フィジカルコーチ

高井 恵理

高井 恵理
早稲田大学スポーツ科学学術院 助手

石澤 里枝

石澤 里枝
早稲田大学スポーツ栄養研究所 研究助手 / 管理栄養士

ページの先頭へ