早稲田大学エルダリー・ヘルス研究所 研究所の概要 研究の内容 活動状況 スタッフ 関連事業
研究所の概要
Research Institute for Elderly Health
基本理念
概要

基本理念

1、介護予防の普及を通して介護のいらないシニア世代の拡大を目指します。
2、医学からスポーツ、健康までシニアの健康をトータルに支援しながら、
  よりよいシニア社会の構築を目指し、積極的に社会への提言を行います。

概要

高齢化社会の進行を見据えて、厚生労働省は第三次国民健康づくり対策(健康日本21)を策定し、国民医療費削減のための具体的指針・目標を示しました。また、地域(自治体)レベルでの介護予防事業へ補助金が支出され様々なプログラムが展開されています。

しかし、介護問題に関しては介護保険という社会システムが用意されていますが、要介護者の発生予防あるいは俯瞰的に見た国民医療費抑制問題に関しては、予防医学を中心としたアプローチが注目されているものの、それを達成するための社会システムは必ずしも十分に構築されていません。そのシステムを完全なものにするためには、国家施策として公的資金を投下するだけではなく、民間資金を中心とした経済システムの中で自立した仕組みが要請されます。

2003年4月に開設された早稲田大学スポーツ科学部では、高齢者への運動プログラムに関して多くの成果を蓄積してきた教員が多数集まっています。
また、プログラムや組織のマネジメントを実践してきた研究者や、スポーツファイナンスの専門家もいます。
そこで、エルダリーヘルス研究所では、

1、高齢者向け介護予防運動プログラムの開発
2、医療費・介護費用削減効果の検証
3、プログラム推進指導者の養成
4、研究成果の社会還元のためのビジネスマネジメントとマーケティングリサーチ

を行うことによって、介護予防に直結する具体的成果を社会に提供することを目的としています。

このページの一番上に戻る
研究所の概要研究の内容活動状況スタッフ関連事業連絡先・所在地関連サイトリンクこのサイトについて
Copyright (C) 2005 Waseda University Research Institute for Elderly Health All Rights Reserved.