鑿2

Click here for English version
英語版は ここ をクリックしてください


Copyright (C) Institute of Egyptology, Waseda Univeristy
All rights reserved.

(First drafted: 15 February 1996)
(Last revised: 26 May 2001)


Chisel 2

刃先だけが青銅製の鑿の実物大模型です。木製の柄がついたものは彫刻用で、柄の端部を木づちで叩くことはあまり頻繁にはおこなわれなかったと考えられています。これは強く叩くと青銅製の刃先が逆に木製の柄に深く刺さって行き、しまいには柄が割れてしまうからで、こうした工具は細かい細工を施す場合に使われました。

前の写真へ | 次の写真へ

建築活動で用いられる工具類のページへ戻る

古代エジプトの石切り場のページへ戻る


制作:西本真一(早稲田大学理工学部建築学科 助教授)・河崎昌之(和歌山大学システム工学部環境システム学科 助手)

ご意見・ご質問は、このページの保守管理者である西本真一 (nishimot@mn.waseda.ac.jp) 宛にお寄せください。


早稲田大学エジプト学研究所ホームページへ戻る


「古代エジプト建築研究への招待」ホームページへ戻る


Made with Mac Logo