アメンヘテプ三世王墓(KV 22)の調査

Click here for English version
英語版は ここ をクリックしてください


ここにおさめられた文章は、早稲田大学エジプト学研究所が発行した「エジプト調査十年の歩み」(1982年)、「エジプト調査の歩み(II)」(1989年)などからの抜粋です。


王家の谷・西谷

 王家の谷には、第18王朝のトトメス1世から第20王朝の王達までの岩窟墓が造営された。東谷と西谷で合計60基あまりの墓が発見されている。1989年より、王家の谷・西谷の調査が開始された。

KV22, Mural Painting アメンヘテプ三世王墓内壁画


KV22, Restoration アメンヘテプ三世王墓内修復作業風景


KV22, Foundation Deposit 王墓入口付近出土鎮壇具


KV22, Human Figure ファイアンス製女性頭部像



エジプト学研究所 (institute-egyptology@list.waseda.jp)


早稲田大学エジプト学研究所ホームページへ戻る


Copyright (C) Institute of Egyptology, Waseda Univeristy
All rights reserved.

(First drafted: 15 February 1996)
(Last revised: 25 January 2000)