Ring ダハシュール発掘調査 UPDATED

Click here for English version
英語版は ここ をクリックしてください


ダハシュール北部発掘調査 目次

Latest site plan ダハシュール北部発掘調査地、敷地図


VRMLによる各墳墓の3次元化 (制作:西本真一・池田一生)

Tomb-chapel of Ip3y VRML 発見された大規模なトゥーム・チャペルの地下構造は地下2階にわたって造られています。2次元の図面では分かりにくいところもありますので、VRMLによるモデリングを試みました。

Tomb No. 16 VRML 第16号墓は未完成のシャフトで、トゥーム・チャペルの北側に位置します。このような遺構からも、シャフト墓の施工過程を知ることができ、貴重な資料を得ることができます。

Tomb No. 17 VRML 第17号墓からは ツタンカーメンの名が記された ワイン壷の封泥などが見つかりました。
この墓も地下2層にわたって造営されています。

Tomb No. 23 VRML 第23号墓も地下2層にわたって造られた墓で、部屋の構成が興味深い例となっています。

Tomb No. 24 VRML 第24号墓はシャフトの底の東と西に部屋をそれぞれひとつづつ設けています。

Tomb No. 25 VRML 第25号墓には全部で7つの部屋がありました。複雑な部屋の構成をご覧ください。

注意: VRMLを見るためには Cosmo Player (Windows)や World View (Macintosh & Windows)といった VRMLブラウザが必要です。


QuickTimeVR Panorama

General view around the excavation site by QTVR Panorama ダハシュール北部発掘調査地の周辺眺望(246KB)
(制作:佐藤雅彦)

General view from the peak of the pyramid of Senwosret III センウセルト3世ピラミッドからのダハシュール調査地の眺望(508KB)
(制作:西本真一)

注意: QTVR Panoramaを見るためにはAPPLE QuickTime Plug-inが必要です。Click here for QuickTime Plug-in


制作:西本真一・遠藤孝治

ご意見・ご質問は早稲田大学エジプト学研究所 (institute-egyptology@list.waseda.jp)、あるいはこのページの保守管理者である早稲田大学理工学部建築学科助教授、西本真一(nishimot@mn.waseda.ac.jp)宛にお寄せください。


早稲田大学エジプト学研究所ホームページ へ戻る


Made with Mac Logo

Copyright (C) Institute of Egyptology, Waseda Univeristy, 1996-2001.
All rights reserved.

(First drafted: 15 February 1996)
(Last revised: 10 April 2002)