img_3.jpg

准教授 田中久稔

ambience_arrow01_RE.png主な研究分野

計量経済学

ambience_arrow01_RE.png主な研究業績

“Local Consistency of the Iterative Least-Squares Estimator for the Semiparametric Binary Choice Model,” Advanced Mathematical Economics, 17, 139-161, 2013

“Consistency of the Iterative Least Squares Estimator for the Binary Choice Model with Varying Coefficients,” with Tadao Hoshino, Waseda Economics Working Paper Series, 11-003, 2012

“On the Uniform Convergence Rate of a Nonparametric Maximum Likelihood Estimator of Binary Response Probability Functions,” The Waseda Journal of Political Science and Economics, 375, 2009

“Understanding Regression vs Variance Tests for Social Interactions,” with Steven N. Durlauf, Economic Inquiry, 46(1), 25-28, 2008

ambience_arrow01_RE.png略歴

1997年 早稲田大学政治経済学部卒業
2008年 早稲田大学政治経済学術院
2013年 ウィスコンシン大学マディソン校 Ph.D.

ambience_arrow01_RE.png最近の研究関心

単調性や凸性などの形状特性を利用して、経済現象に現れる関数を効率的に推定する方法に関心を持っています。また、これらの手法を教育データなどに応用することも試みたいと考えています。

ambience_arrow01_RE.png学生に一言

経済学のみならず、社会科学の様々な分野が、統計学・計量経済学のもとでひとつに融合しようとしています。21世紀は社会科学の時代になるでしょう。皆さんが、この歴史の流れに参加することを期待しています。

IMG_0066.JPG