img_3.jpg

教授 内藤 巧

ambience_arrow01_RE.png主な研究分野

国際貿易理論

ambience_arrow01_RE.png主な研究業績

A Ricardian model of trade and growth with endogenous trade status, Journal of International Economics 87(1), 80-88, 2012.

Aging, transitional dynamics, and gains from trade, with Laixun Zhao, Journal of Economic Dynamics and Control 33(8), 1531-1542, 2009.

Growth, revenue, and welfare effects of tariff and tax reform: win-win-win strategies, Journal of Public Economics 90(6-7), 1263-1280, 2006.

Tariff and tax reform: dynamic implications, Journal of International Economics 68(2), 504-517, 2006.
Revenue-neutral tariff reform and growth in a small open economy, Journal of Development Economics 71(1), 213-232, 2003.

ambience_arrow01_RE.png略歴

1996年3月 学士(経済学) 早稲田大学 政治経済学部
1998年3月 修士(経済学) 大阪大学 大学院経済学研究科
1999年6月 博士(経済学) 大阪大学 大学院経済学研究科
1999年7月 大阪大学 大学院経済学研究科 助手
2000年4月 東京工業大学 大学院社会理工学研究科 社会工学専攻 准教授
2011年4月 早稲田大学 政治経済学術院 教授

ambience_arrow01_RE.png最近の研究関心

国際貿易と経済成長の理論を研究している.特に,貿易の外延(貿易品目の数あるいは割合)を内生化した多数財リカード・モデルに資本蓄積を導 入した内生成長モデルを開発している.それによって,様々な形の貿易自由化が時間を通じて各国間の貿易財の割合に与える影響を調べることが可 能になる.また,貿易自由化の厚生効果が既存の静学モデルとは異なり得ることも発見している.

ambience_arrow01_RE.png学生に一言

Publish or Perish.

ambience_arrow01_RE.png個人のホームページ

Website

naito3.JPG