img_3.jpg

准教授 小枝淳子

ambience_arrow01_RE.png主な研究分野

①マクロ経済政策,②マクロファイナンス,③国際金融

ambience_arrow01_RE.png主な業績

Fumio Hayashi & Junko Koeda, 2014. "Exiting from QE," NBER Working Papers 19938, National Bureau of Economic Research, Inc.

Koeda, Junko, 2013. "Endogenous monetary policy shifts and the term structure: Evidence from Japanese government bond yields," Journal of the Japanese and International Economies, Elsevier, vol. 29(C), pages
170-188.

Koeda, Junko, 2012. "How does yield curve predict GDP growth? A macro-finance approach revisited," Applied Economics Letters, Taylor & Francis Journals, vol. 19(10), pages 929-933, July.

Koeda, Junko, 2008. "A Debt Overhang Model for Low-Income Countries," IMF Staff Papers, Palgrave Macmillan, vol. 55(4), pages 654-678, December.

ambience_arrow01_RE.png略歴

1999年 東京大学経済学部経済学科卒業
2005年 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校経済学大学院博士課程修了(Ph.D.)、同年から国際通貨基金(IMF)エコノミスト
2009年 東京大学経済学研究科特任講師
2014年から現職

ambience_arrow01_RE.png最近の研究関心

上述の3分野において研究を進めています。具体的には,
①では,経済政策のシフトを内生的にモデル化した構造VARを推計することによって,非伝統的金融政策や出口効果などを分析しています。
②では,ファイナンスの分野で発展してきた金利モデルに,マクロ的な構造・解釈を加え,実際のデータを使ってモデル推計を行っています。
③では,ソブリンの債務モデルや金利モデルを使ったデフォルトリスクの計測や,開放経済におけるマクロ政策と債務問題について分析しています。

_NowPrinting.jpg