img_3.jpg

准教授 浅古泰史

ambience_arrow01_RE.png主な研究分野

政治経済学、公共選択論、応用ゲーム理論

ambience_arrow01_RE.png主な研究業績


"Campaign Promises as an Imperfect Signal: How does an Extreme Candidate Win against a Moderate Candidate?," Journal of Theoretical Politics 27(4), pp. 613-649, 2015.

"Partially Binding Platforms: Campaign Promises vis-a-vis Cost of Betrayal," Japanese Economic Review, 66(3), pp.322-353, 2015.

"One-sided Games in a War of Attrition," The B.E. Journal of Theoretical Economics 15(2), pp. 313-331, 2015.

"Dynastic Politicians: Theory and Evidence from Japan," with Takeshi Iida, Tetsuya Matsubayashi, and Michiko Ueda, Japanese Journal of Political Science 16(1), pp. 5-31, 2015.

"The Boy who Cried Bubble: Public Warnings against Riding Bubble," with Kozo Ueda, Economic Inquiry 52(3), pp. 1137-1152, 2014.

「政治経済学の新展開:中位投票者定理を巡って」『金融研究』第30巻4号、pp. 83-124、2011年

ambience_arrow01_RE.png略歴

2001年 慶應義塾大学経済学部卒
2003年 一橋大学経済学研究科修士号取得
2009年 ウィスコンシン大学マディソン校経済学研究科Ph.D.(博士号)取得
2009年 日本銀行金融研究所エコノミスト
2012年 早稲田大学政治経済学術院

現在に至る

ambience_arrow01_RE.png最近の研究関心

選挙制度をはじめとする政治制度に関する数理的および実証的分析を行っている。特に、公約の役割をふまえた政治的競争モデルの拡張、および各種政治制度が政策の決定に与える影響に関する分析を行っている。

ambience_arrow01_RE.png学生に一言

政治経済学は、政治における政策の意思決定過程を数理的かつ実証的に丁寧に分析する、政治学と経済学を繋げる学問分野です。政治も経済も共に学べる政治経済学部で、政治経済学の面白さの一端に触れてください。

ambience_arrow01_RE.png個人のホームページ

Website

asako2.JPG