2009年度のシンポジウム・研究会

公開シンポジウム
今、問われるコミュニケーション能力とは?
- ボランティア活動におけることばと文化 -

日時: 2009年11月21日(土) 13:30開場 14:00~18:00

入場無料(先着120名) 使用言語: 日本語

会場: 早稲田大学(早稲田キャンパス) 国際会議場3F 第2会議室

↑頁の先頭へ

シンポジウムのねらい

国際言語文化研究所ではこれまで、外国語学習のあり方や異文化理解に関わるさまざまなシンポジウムを開催してきました。今回は、特定の地域文化や言語文化を紹介するのではなく、ことばがどのように人に伝えられ、人を変えていくのかというコミュニケーションの実践的な問題に迫っていきます。

今回、そのケーススタディーとして取り上げるのが、ボランティア(社会貢献)活動です。近年、教育や医療、福祉など様々な分野において、国内外を問わず社会貢献活動に対する関心が高まっています。早稲田大学も、国際社会に開かれたグローカルユニバーシティをめざして、教育方針の三本柱として、教育・研究の他に社会貢献をかかげています。早稲田大学においても、社会貢献活動に関心をもつ学生が多く、そうした傾向が学生たちの異文化理解の新たな動機ともなっていると言っても過言ではありません。

今回のシンポジウムでは、国内外のボランティア活動とそこで求められるコミュニケーション力のあり方について議論し、今日の社会と密接に結びついたことばと文化についての学び方を提案できればと思います。

所長 池田雅之

↑頁の先頭へ

プログラム

14:00 開会・挨拶
14:10 学生ボランティアの現場からの報告
「コミュニケーションの新しい形を求めて」
15:10 休憩(10分)
15:20 基調講演
「海外におけるボランティア活動と大学生の役割」
  • 多賀秀敏(早稲田大学社会科学総合学術院長)
「フィンランドの外国語教育と国際交流」
  • 本田均(前駐フィンランド日本国大使)
16:10 休憩(20分)
16:30 パネル・ディスカッション
「伝える力・聴く力 - 社会貢献活動を通してのコミュニケーションのあり方」
  • 伊藤玄二郎
    (早稲田大学国際言語文化研究所客員教授)
  • 花光里香
    (早稲田大学社会科学総合学術院准教授)
  • 西尾雄志
    (早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教)
  • 佐川佳之
    (早稲田大学国際言語文化研究所客員研究員)
  • 上江洲慎
    (NPO法人鎌倉てらこや理事)
18:00 閉会・挨拶

↑頁の先頭へ

基調講演者の紹介

本田均 前駐フィンランド日本国大使

1968年外務省入省。1970年米国タフツ大学フレッチャー外交法律大学院にて修士号取得。在ハンガリー大使館公使、在ヒューストン総領事、在ウクライナ大使等を歴任。

多賀秀敏 早稲田大学社会科学総合学術院長・教授
同国際言語文化研究所研究員

早稲田大学法学部卒業。NVC新潟国際ボランティアセンター副代表・代表、北東アジア学会会長などを歴任。専攻は平和学、国際関係論など。編著に『国際社会の変容と行為体』、『地方発国際NGOの挑戦』他多数。第1回NHK地方文化賞、ベトナム国ホーチミン市徽号などを受賞。

↑頁の先頭へ

開会の挨拶

佐藤巨巨呂 大学書林国際語学アカデミー理事長
早稲田大学国際言語文化研究所客員教授

早稲田大学政治経済学部卒業。1988年大学書林国際語学アカデミー株式会社を創設し、代表取締役となり、現在に至る。主著として『外国語のすすめ』、共著には『アジア世界のことばと文化』がある。

↑頁の先頭へ

学生プレゼンテーション・コーディネーター

小木曽駿 NPO法人鎌倉てらこや副理事長・事務局次長
早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程

2003年、早稲田大学社会科学部入学。2004年より「鎌倉てらこや」の活動に学生ボランティアとして携わる。研究テーマはNPO論・ボランティア論。研究・実践の両面から「鎌倉てらこや」に関わっている。

↑頁の先頭へ

パネリストの紹介

伊藤玄二郎 関東学院大学教授
早稲田大学国際言語文化研究所客員教授

中央大学法学部卒業。かまくら春秋社代表。『星座』編集長。ポルトガル政府より、エンリケ王子勲章コメンダドール章叙勲。専門は出版メディア論、日本近代文学。著書に『風のかたみ』、『末座の幸福』、対談集『風のかなたへ』などがある。

花光里香 早稲田大学社会科学総合学術院准教授
同国際言語文化研究所研究員

早稲田大学第一文学部卒業。同大学院教育学研究科に学び博士号(学術)を取得。専攻分野は異文化コミュニケーション、応用言語学。共著に『ヨーロッパ世界のことばと文化』、『英語世界のことばと文化』などがある。

西尾雄志 早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教
(財)笹川記念保健協力財団ハンセン病対策委員会委員

早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学。専攻はボランティア論。共著に『ボランティア論 - 共生の理念と実践』、『早稲田大学発ボランティア講義録』などがある。第17回週刊金曜日ルポタ-ジュ大賞優秀賞受賞。

佐川佳之 早稲田大学国際言語文化研究所客員研究員
NPO法人統合教育研究センター理事

一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。博士(社会学)。専攻は教育社会学。大学院在学中より、ボランティアとして不登校や発達障害の子どもの支援に関わる。主な論文に「不登校支援における「秘密」の機能」『年報社会学論集』第22集などがある。

上江州慎 NPO法人鎌倉てらこや副理事長・事務局長
早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程

2002年、早稲田大学社会科学部入学。2003年より、「鎌倉てらこや」の活動に学生ボランティアとして関わり、現在に至る。研究テーマは地域教育。2009年8月より鎌倉市青少年健全育成策定プラン委員会委員。

↑頁の先頭へ

コーディネーター

池田雅之 早稲田大学社会科学総合学術院教授
同国際言語文化研究所所長

早稲田大学文学部英文科卒業。専攻は比較文学・比較文化論。NPO法人「鎌倉てらこや」理事長。社会貢献活動に対して博報賞ならびに文部科学大臣奨励賞を授与される。主な著書として、『共生と循環のコスモロジー』、『てらこや教育が日本を変える』他。翻訳は『キャッツ』、『日本の面影』など。

↑頁の先頭へ

連絡先

早稲田大学国際言語文化研究所
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田 1-6-1
TEL: 03-5286-1432
E-mail: [email protected]

↑頁の先頭へ