社会科学部
2/20

 早稲田大学社会科学部は2016年に創設50年という大きな節目を迎えました。半世紀を経て社会科学部は社会科学総合学術院の中核として、より魅力的な学部を目指し、新たなヴィジョンのもと、躍進を続けております。 国際社会のいっそうの複雑化、混迷化に直面し、私たちにとって時代や状況を判断する能力を培う必要性が増大しています。社会科学部は創設以来、時代が抱えてきたその時々の深刻な問題に真摯に向き合い、「社会科学の総合」を目指す「社会に開かれた」学部として、諸問題解決に立ち向かう人材を育成してきました。学部が目指す方向は、既存の専門分野を超越した学際性に基づく「社会構想力」を涵養し、それを広く発信していくことです。 社会科学部は、1994年に創設した大学院社会科学研究科、2016年創設の先端社会科学研究所とともに社会科学総合学術院を構成し、〈学際性〉、〈臨床性〉、〈国際性〉の三つの理念を掲げてきました。 〈学際性〉の基本は「社会科学の総合」です。複眼的な視座から現代国際社会が抱える問題を多面的に分析・考察する能力を培うことです。政治学、経済学、法学、商学などの社会科学の学問分野はもちろん、歴史や文化などの人文科学、生命、環境などの自然科学、さらには情報科学などの専門科目が履修可能です。 〈臨床性〉は本学部創設以来、伝統的に継承されてきた際立った理念です。アクティブ・ラーニングに基づき積極的にフィールドに出ていくことを推奨しています。机上の学問としての知見とフィールドの経験の双方向で諸問題を深く理解することができます。社会科学部独自の国際、国内機関のインターンシップも用意しています。「百聞は一見に如かず」の考え方で様々な体験をしてください。 そして現在もっとも力を入れているのが〈国際性〉です。2011年に英語による講義のみで学位が取得できる現代日本学プログラム(CJSP)を開設して以来、学部の国際化を進めてきましたが、2018年度よりソーシャルイノベーションプログラム(TAISI)に再編し、2019年度に定員を60名に拡大しました。一般プログラムとの積極的な交流を目指し「内なる留学」も促進します。また、学部独自の留学も欧米の大学以外に、中国や東南アジアの大学と提携し、グローバル展開しています。 以上のように、社会科学部が目指す「社会科学の総合」が理解できたかと思います。ぜひ学生生活の4年間を通じて、グローバル化する社会や複雑化する社会を読み解く能力、「社会構想力」を〈学際性〉、〈臨床性〉、〈国際性〉を理念とする社会科学部で培ってほしいと願っております。早稲田大学社会科学部長教授 劉 傑「社会構想力」を培い、現代社会の複雑な問題を解決する。学部長メッセージ From the Dean001

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る