社会科学部
14/20

地球規模の視点で思考・実行する…『国際』 社会科学部が掲げる教育理念における国際性にもとづき、学生が異文化を学びながら世界に視野を広げるための絶好の機会となり得る海外留学を「グローバル人材」育成の礎ととらえ、積極的に奨励しています。セメスター制度を導入し、留学先で取得した単位の認定を柔軟に行うなど、学生が留学にチャレンジしやすい学習環境を整えています。 また社会科学部には、英語学位プログラムが提供する「英語で行われる授業」が社会科学部の一般学生にも開講されています。海外からの留学生と一緒に、英語で授業を受けることで「内なる留学」を体験できます。「内なる留学」を活かした留学計画春学期秋学期春学期秋学期春学期秋学期春学期秋学期英語学位プログラムの科目を履修英語学位プログラムの科目を履修情報収集・準備出 願渡航準備留 学就活準備就 活単位認定1年生のうちから英語「で」学ぶ授業を履修して、留学のイメージをつかもう!帰国後も、英語「で」学ぶ授業を通して、英語力を維持・向上!留学センターやフェアなどで情報収集!TOEFLなどの語学テストを受験!出発1年前出願が一般的。学内選考を経て、留学先が決定!ビザや保険手配など…出発までもう少し!3年次の夏頃には帰国しているため、就職活動に向けてインターン等に参加することも可能!留学で得た学び・経験を活かし、より広い可能性のもとでキャリア設計を!1年次2年次3年次4年次留学中に取得した単位は、一定の条件に基づいて、社会科学部の卒業算入単位として認定可能!早稲田大学の提供プログラムで留学する場合、4年間での卒業も可能!〈早稲田大学の留学プログラムと社会科学部の英語学位プログラムを利用した留学イメージ〉毎年、多くの社会科学部生が様々な国・地域に留学します。特に、北米・欧州は社会科学部生の中で人気の留学先の1つです。今回は、留学センターのプログラムにて、1年間アイスランド大学に留学をされた丹生谷 英子さんに留学の様子を伺いました。 留学については、入学前から漠然と行ってみたいなという気持ちがありました。塾講師の経験がきっかけで英語教育に興味をもち、それについて勉強してみたいと思うようになり、「英語教育が発展している国」「イメージのつかない国」「安全な国」という3つの軸で検討した結果、アイスランドに留学することに決めました。 アイスランド、というと一言目には寒そう、と言われます。もちろん寒いのですが、名前から想像するほど寒くはありませんし、地熱発電が発達していて、家の中でも暖房が使いたい放題なので、日本より暖かく感じたくらいです。留学中は、学校のアパートに住んでいたので、ほぼ外に出ることなく過ごすことができました。肝心の授業はグループワークで評価される授業が多く、授業を受けた後はクラスメイトと集まって課題に取り組んだりおしゃべりをしたりと、とても充実した日々を過ごすことができましたが、グループワーク発表当日にチームメイトの二人が(二人も!)断りもなく欠席をして、結果的に納得のいかない成績をとったりなど、苦労することも多々ありました。週末はカフェでアルバイトをしたり、友人たちと国内外に旅行をしたのも良い思い出です。ヨーロッパは国同士が近いこともあり、旅行好きな方にはぴったりの留学先だと感じています。 私がこれらの経験を通して学んだことは、「文化や言語の違いをこえて、個人を尊重し合うこと」です。グループワークでの失敗を始めとし、アルバイトでも、仕事のやり方の違いで食い違いが生まれたこともありました。自分が当たり前のことだと思っても、それが他人にとってもそうであるかは分からないということを痛感した1年でした。自分がどう思っているのかを説明し、相手の話を聞き、意見が食い違った時にはお互いの妥協点を見つける、これの繰り返しだったように思います。 留学にチャレンジすると、個人ではなかなか行けない場所に住み、学ぶ機会を得ることができます。そこで得られる出会いや経験は、本当に貴重だと思っています。私も留学を通して、世界各国に友人ができ、帰国した今でも定期的に連絡を取り合っています。少しでも留学に行こうか迷っている方、是非挑戦してみてください!留学体験記〜世界に羽ばたく社会科学部生〜アイスランドの街並み現地でできた友人と(中央が丹生谷さん)013

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る