スポーツ科学部
8/20

WASEDA UNIVERSITY SCHOOL OF SPORT SCIENCES07 このコースは、アスリート育成だけではなく、競技場面を取り巻く科学や環境に対するリーダー的役割を担う専門家を養成することを最終到達点としています。また、公認スポーツ指導者(「コーチ」)科目をカバーし、加えて早稲田独自のメソッドを学べます(水泳・サッカー・障がい者スポーツの指導員等の資格取得)。 コースの基本的柱は、3つから構成します。 「コーチ」は、幼少期から高齢者まで広範な実践レベルに対応できる指導能力を養成します。必要な知識と理論の習得に加え、競技場面で求められる能力を備えた人材養成を重視しています。 「アナリスト」は、試合や練習等のスキル・戦術行動の向上を数量的に分析する能力を養成します。さらに、トップスポーツの勝利だけでなく広域なスポーツ場面での分析方法を習得します。 「アスリート」は、グローバルな視点で競技実践する能力を養成します。オリンピック等のメダル獲得と同等に、アスリートが持つべき環境づくりを自ら構成するための視点と実践方法を学びます。また引退後セカンドキャリアに関しても学習します。Shigeo Iso礒 繁雄教授MESSAGE FROM PROFESSOR教員からのメッセージ さまざまなレベルのスポーツ技能向上策および関連するコーチングの理論と方法を修得するためのカリキュラムを用意しています。ジュニアからシニアまで、愛好者からアスリートまでの広範な実践レベルに対応できるスポーツ指導者の養成と、それを自ら競技力向上に応用・実践できるアスリートの育成を目的としています。COACHINGコーススポーツコーチング 私が所属するスポーツコーチングコースは、トップスポーツコーチング論やコーチング心理学などコーチングに関する授業も多く、サッカーC級コーチなどの資格を取得することもできます。また、アスリート育成に特化したコーチングを学べるだけでなく、スポーツを取り巻く環境やスポーツスキルを向上させるための分析、引退後のセカンドキャリアなど幅広く学べるコースになっています。スポーツ科学部を受験したきっかけも、これまでサッカー選手として当たり前のようにプレーしていた中で、多くの指導者と出逢い、素晴らしい環境でプレーできていたことにとても刺激を受け、少しでも自身のスキルアップやセカンドキャリアを考える中で指導者という道にも広げていけたらいいなと思ったからです。昨年の自身の研究では、サッカーロシアW杯のゲーム分析を行いました。感覚的なものだけでなく数値化されたデータから客観的に分析を行います。そして何より、スポーツ科学部が魅力だと感じることは、各競技の指導者として活躍されている先生方の授業を受けられることです。 スポーツをするのが好き、観るのが好き、興味がある皆さん、ぜひスポーツ科学部で一緒に勉強しましょう! 4年/2016年入学 兵庫県・日ノ本学園高等学校 スポーツ自己推薦入試中田 有紀 Yuki NakataSTUDENT’S VOICE 在学生からのメッセージCOURSEスポーツスキルを向上させるための技術的・理論的背景を学ぶ

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る