商学部
8/16

グローバル化社会に対応できる能力を高め、異文化への理解を深めることを目的に設置された科目で、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語の6つの外国語から2つを選択履修します。卒業までに2つの外国語科目を履修POINT1・2年次に英語統一試験として「TOEIC L&R IP」を受験します。このスコアに基づき、2年次以降は習熟度別に、各人に適した履修が可能となります。英語統一試験「TOEIC L&R IP」POINT選択した外国語に関わらず、全員が少人数英会話科目「General Tutorial Englishα・β」を1年次に履修します。この講座はスピーキングを中心とした実践的な英語運用能力の向上を目指す、学生最大4名に対してチューター1名の少人数授業です。少人数英会話科目「General TutorialEnglishα・β」POINT各種の留学プログラムに加え、多くの学生に国際的な感覚を身につけてもらえるように外国語でビジネスを学ぶ科目が充実しています。外国語専門科目POINTビジネスシーンを意識した外国語教育ビジネスのグローバル化は現在進行形で展開しています。そこでは、本当のコミュニケーション能力が必要とされ、また、国際感覚豊かな人材が求められています。商学部では外国語教育に力を入れるとともに、各種の留学プログラムを用意しています。ベルギールーヴェン・カトリック大学経済・経営学部イギリスエクセター大学ドイツWHUオットー・バイスハイム経営大学マンハイム大学ビジネススクールフランクフルト金融経営大学ゲーテ大学経済経営学部オーストリアウィーン経済大学ロシアモスクワ大学ビジネススクールフィンランドハンケン経済大学イタリアボッコーニ大学フランストゥールーズ第3ポールサバティエ大学経営学部トゥールーズビジネススクールESSEC 経済商科大学院大学EDCパリビジネススクールスペインナバラ大学経済経営学部

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る