政治経済学部
11/20

09School of Political Science and Economics, Waseda University10ゼミのいいトコ使える外国語が身に付くように支援使える外国語が身に付くように支援*外国籍学生のみ対象ソジエ内田 恵美 教授 面白く刺激的なものになるかは、それぞれの心構え次第 面白く刺激的なものになるかは、それぞれの心構え次第Faculty’s Voice●応用言語学 ●政治言説分析Professor SAUZIER-UCHIDA EmiProle 基礎演習は、1年次の必修科目ですが、少人数(1クラス18名以下)で大学生としての学問の作法を実践的に学ぶ場です。政治学、経済学、公共哲学の中から選択されたテーマに沿って、新入生はレジュメや書評の書き方、プレゼンテーションや質疑応答の仕方などを習得すると共に、活発に意見交換をして授業を創り上げていきます。学期末には、担当教員やチューターのきめ細かな指導のもとで学術的な論文を書き上げます。 3年次からの専門演習は集団学習の場ですので、自分の成績やキャリアだけに関心を持つのではなく、仲間と助け合い研鑽していく心構えが必要です。仲間の研究テーマや手法について学ぶことで、自己の研究について振り返ることができます。集団の中で自分はどのような役割を果たせるか、あるいはどんな弱点があるのかを知ることは、今後の人生を歩んでいく上でも貴重な経験です。2001年英国エセックス大学応用言語学Ph.D.取得。2002年早稲田大学政治経済学部専任講師。2010年より同教授。同年、オックスフォード大学現代日本研究MSc取得。St.Antony’s Collegeにて客員研究員(2010年~2011年)。近年の研究テーマは、言語学理論(ハリデーの選択体系機能理論やレイコフの認知メタファー理論など)に基づいた政治演説やメディアのディスコース分析。外国語科目としては、第一外国語としての英語と第二外国語(ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、イタリア語、朝鮮語、日本語*から選択)が必修です。さらに意欲のある方は、第三外国語の履修も可能です。各言語とも、入門から始めて交換留学に必要なレベルにまで引き上げることが十分に可能な履修コースを用意しています。外国語地域副専攻プログラム外国語地域副専攻プログラム初級・中級レベルの外国語を学習した学生が、当該言語地域に関連する科目を履修し、所定の要件を満たすと修了証が授与される制度です。英語プラスアルファの高度なレベルの外国語能力と高い専門性を身に付けることで、その言語地域と関連した専門領域のスペシャリストを養成します。外国語カリキュラムゼミの仲間、先生●多様な価値観を持つ一生の友、仲間ができる。●切磋琢磨できる。●先生の懇切丁寧な指導が受けられる。●プロジェクトを行うことで一緒にいる時間も長く、 成し遂げた後は達成感を分かち合うことができる。専門知識●テーマを絞って研究を進めていくため、講義より専門性が高い。●学びたいことを専門的に学べる。●卒論が書ける。縦とのネットワーク●社会や大学院で活躍するOB、OGや、様々な分野のゲスト講師など、ゼミ以外の学生生活ではなかなか出会えないような人と出会え、直接話を聞くことができる。スキル向上●発表などで人前で話す機会が多く、プレゼン能力が向上。 就活にも役立つ。●プレゼンテーション用の資料の作り方を一から学べる。●多くの視座が得られる。情報の共有●授業や就職活動など様々な情報を同期や先輩と共有できるうえ、 協力もしあえる。ゼミ紹介

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る