人間科学部
14/28

13人工知能やIoT技術の発展などに伴い、今や高度情報化社会などと呼ばれる現代社会において、「情報」と関わらずに生活することはできないと私は考えています。「情報」と聞けばどうしても理系のイメージを抱いてしまいますが、今の社会では理系と文系の垣根を超えて「情報」に対する理解を深める必要があると思います。そして、様々な側面から「情報」に目を向け、学際的に学び、自身の視野を広げることのできる学部学科こそが人間情報科学科であると思います。私は3年次から教育工学・心理学系のゼミに所属し、主に統計学について学んでいます。将来はここで学んだ統計学的手法を用いて、多くの「情報」を有効活用し、より良い形で世の中に還元していきたいと考えています。ここでしか身に付けることのできない「情報」への理解がある。髙橋 司Tsukasa Takahashi さん人間情報科学科 4年東京都 東京学芸大学附属国際中等教育学校出身一般入試(英語・数学・物理)Student's Voice早稲田大学 人間科学部早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学早稲田大学 人間科学部部早稲田大学 人間科学部Department of Human Informatics and Cognitive Sciences人間情報科学科人が人やモノとかかわる際に生まれる接面(インタフェース)を行き来するものを情報としてとらえ、それが生まれるプロセスの分析から、それをつくり出すシステムのデザインまでを科学的に研究しています。人と人との情報伝達の方法、媒体となる道具、コミュニケーションの中で生まれる心理変化など、多様な側面から情報にアプローチしています。実践的な研究とともに、経験豊富な教員たちが最新の設備を活用して指導にあたっています。

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る