FSCI
61/64

01基幹理工学部 表現工学科 橋田朋子研究室クリエイティブデザインと工学が出会う場所基幹理工学部橋田 朋子教授Profile 2003年、東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。2009年、東京大学大学院博士(学際情報学)取得。東京大学特任研究員などを経て、2013年に早稲田大学理工学術院専任講師。2015年、同准教授。2021年より現職。研究室はフラットな雰囲気で、教授も「メンターのように」学生に助言を行う。インタラクションデザイン・メディアテクノロジー 機械や装置などの技術を開発するとき、多くの場合は技術によって「人の生活を便利にしたい」と考えるでしょう。効率性や利便性の追求は、昨今の技術革新を支えています。一方、私たちが研究で目的とするのは、技術によって「人に何かを発見させ、考えさせること」です。例えば、絵画に使われる額縁が自由に動き回り、しかも額縁に収まった景色に自動で機械の解釈に基づくタイトルを付けてしまう装置があったら、私たちは何を思うでしょうか。その装置によって人の暮らしは便利にならないかもしれませんが、人に考えさせ、時には人を動かしてしまう。そんなデバイスの研究・開発が私の研究分野です。 研究室では表現工学の名の通り、電子工作や材料の物性の理解といった工学の知識・技術と同時に、問題意識やデザイン性といった芸術の考え方の両方を生かして研究を進めます。異分野をかけ合わせることでイノベーションが求められる時代において、一人で2つの分野を学べることも魅力の一つです。皆さんの強い好奇心と、既存の枠組みにとらわれない自由な発想をお待ちしています。橋田研究室HP https://tomokohashida.tumblr.com/Worksけさらんパパスタンポポの冠毛(綿毛)が、静電気によって立ち上がったり跳ねたりして、まるで生きているように振る舞う作品。米粒が静電気によって米袋に吸い付く現象をヒントに、種子や綿毛のような自然物が生き物のように見えるにはどうしたらよいのか研究しました。この作品はInternational Student Creative Award 2019で佳作(2nd Prize)を獲得しました。製作者:基幹理工学研究科 修士1年 フラハティ 陸さんJ-4

元のページ  ../index.html#61

このブックを見る