FSCI
37/64

 メディア技術の発達により、新たな文化・産業の創出が期待される一方、コンテンツの質的低下や、人間の感性、生体への不適合などが顕在化しています。問題の解決には、科学技術を介した生体の特性、感性やコミュニケーションの理解、表象研究の深化が必要です。表現工学科では、科学技術と芸術表現の融合による新たな社会ニーズヘの対応と、価値や夢の創造へ挑戦できる人材の養成、学問領域の確立を目的としています。大学院では、この学問領域ならではの表現形態を模索し、新たな学術領域を開拓します。表現工学科/表現工学専攻 科学に限らず芸術や哲学などの学問に開かれていて、学ぶにつれ興味関心が新たに生まれ、研究室もそれに応えてくれるという柔軟な学科だと感じます。私は、情報処理技術や認知心理学、理論生物学を勉強する一方で、映画や絵画における表象について考えたり、写真やCG作品を制作したりしています。合目的的に閉じた環境ではないからこそ、自分や社会、他者との向き合い方を探ってこられました。問いに対する答え、を超える「表現」への取り組みは、とても楽しく思えます。表現工学科 4年大澤 慶彦さん静岡県・浜松日体高校出身 スマートフォンやインターネットなど、生活を大きく変革させた情報通信技術を探求し発展させること、それを担う人材を養成することが本学科/専攻の使命です。情報通信システムの構成と動作の仕組み、システムを構成する上での原理・原則、情報通信サービスを構築するアプリケーション技術、システムの動作を可能にする物理法則を知識として身に付け、活用する能力を養います。さらに大学院では学部で養った能力を活用し、世界を舞台に情報通信技術の発展に貢献できる能力を身に付けます。情報通信学科/情報理工・情報通信専攻I am majoring in computer science and communications engineering at Waseda. I was lucky to have had great relationships with my professor and motivating friends. The friendly atmosphere of the lab members made it easier for us to communicate freely. Waseda, for me, is the place that showed me the challenge and an enormous amount of opportunities. This year I am honored to participate in the international conference in US; it was an extraordinary experience that ultimately motivates me to research further.情報理工・情報通信専攻 修士2年チン ヨウ(Chen Yang)さん中国・The Afliated High School of Shanxi University出身 21世紀のキーテクノロジーであるICT(Information and Communication Technology)。国内外では競争力強化のため、多様なICT技術を習得した優れた人材が求められています。本学科/専攻では、ハードウェア(超高性能・低消費電力コンピュータなど)、ソフトウェア(プログラミング言語、アルゴリズム、人工知能など)、ネットワーク(インターネット、セキュリティなど)、コンピュータ・ネットワーク応用(バイオインフォマティクス、情報検索など)といった先端技術の教育・研究を総合的に進め、世界の科学技術の発展に貢献できる人材を育成します。情報理工学科/情報理工・情報通信専攻 情報化が進む現代における最先端技術を学んでみたいという思いで本学科に進学しました。大学からプログラミングを始めましたが、本学科で学ぶことで自然と力がつき、自分のスキルが高まっていると実感できることは魅力的です。また、ハードウェアからソフトウェアまで幅広く学ぶ中で自分の興味のある分野を見つけ、専門の教授のもとで仲間と共に深く研究できる環境が整っています。目で見ることのできないスマートフォンやパソコンの中の世界を覗いてみませんか?情報理工学科 4年森井 菜奈子さん岐阜県立岐阜高校出身基幹理工学部・研究科Departments 学科・専攻紹介J-28

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る