FSCI
34/64

 本学科は、「地球・資源系」「素材・循環系」「人間・環境系」の3つの専門分野で構成されています。大学院では岩石学と地質学が加わり、グローバルな視点から資源・環境・エネルギー問題を教育・研究します。研究の対象は、地質学、地球・太陽系物質循環、石造文化財保全などの地球科学分野から、資源の探査・開発、廃棄物の適正管理・処分、環境低負荷型エネルギー開発、環境計測・保全などの資源・環境工学分野まで多岐にわたります。幅広い知識や経験を総合して、環境調和・資源循環に関する問題を発見し、解決する能力を養います。環境資源工学科/地球・環境資源理工学専攻 地球環境に関心があり、詳細について学びたく本学科に入学しました。本学科では資源開発、資源循環、環境保全などについて学びますが、各分野には関連する部分も多く、分野をまたいだ新たな視点や考え方も得られます。実験や演習ではプログラミングや装置にも触れられ、社会で活躍している方々による講義では最先端の技術や情報も学べます。幅広く学べるので、興味に沿った選択ができるのが魅力だと思います。将来は、環境と気象の関連の解明に努めたいと思っています。環境資源工学科 4年三原 直之さん神奈川県立柏陽高校出身 これからの事業経営には、日本の競争力の源泉である「モノづくり」を基盤に、先端技術を基礎とする新事業開発、経営環境の変化への素早い対応力/構築力が必要です。本専攻では、次世代のリーダーに必要な「製品・サービスの開発、サプライチェーンの構築・運営等の価値創造プロセスの理解」などについて、アカデミックな背景を持つ教員と企業経営経験豊富な教員によるケース演習・ビジネスの疑似体験を中心とした“理論・実践”融合教育、研究指導を行います。社会人学生と一緒の講義も魅力です。経営デザイン専攻 この専攻の魅力は何よりも、理論を学ぶと同時に、実践する場が用意されていることだと感じます。私たちが学んでいる理論は、実際の現場でどう役に立つのかを学ぶことも、逆に実践を通して、新しく学ぶべきものに気づくこともあります。「ビジネスって、どういうものだろう」「リーダーになるためには何が必要なのか」と感じているあなたに、ぴったりの専攻です。例えば私はサービス開発に興味があり、将来は学んだ知識を生かして、新しいサービスを作りたいと思っています。経営デザイン専攻 博士1年山極 綾子さん神奈川県・桐蔭学園高校出身 世界トップレベルのエンジニアに求められる豊かな人間性や高い見識、的確な判断力を身に付けるため設置された、創造理工学部5学科の基盤となる組織です。本領域では、社会や生活に影響を及ぼす力を秘めた科学や技術を扱う理工系出身者のために、理工3学部を対象とした語学・教養関連のリベラル・アーツ教育を通して、幅広い教養や知識を提供しています。また各学科から3年次に若干名の学生を受け入れ、少人数の演習および卒業論文の指導を行う社会文化領域コースも設けています。※社会文化領域コースへの進入には条件があります。社会文化領域 物理学者のアルヴィン・ワインバーグが「科学によって問うことはできるが、科学によって答えることのできない問題がある」と述べたように、社会的課題は、科学や技術だけで解決できるものばかりではありません。また科学的・技術的には優れていても、それだけでは社会に受け入れられるとは限りません。こうした点を考える際のヒントとなるのが人文・社会科学系の知見です。国内でも類をみない充実したカリキュラムを備える本学で、ぜひ、積極的に学びとってください。社会文化領域綾部 広則 教授J-31

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る