FSCI
33/64

Departments 学科・専攻紹介先進理工学部・研究科 物理学は素粒子、物質、生物、そして宇宙に至るまで、広大な時空間スケールの自然を相手にし、そこに潜む普遍法則を見出し、人類の未知の領域を開拓する学問です。本学科は、この広大な時空間スケールの自然を相手にすべく、素粒子・宇宙物理、物性物理、生物物理を3本の柱として教育と研究を行っています。物理学を体系的に学ぶ過程で、ぜひ「科学的思考法」を身につけてください。そして、研究の最前線で、まだ一度も開かれたことがない扉を押してみましょう。物理学科/物理学及応用物理学専攻 物理学科には、ミクロからマクロ、宇宙から生体までさまざまな領域を扱う研究室があります。通年科目である「物理学研究ゼミナール」では、1年次からこれらの研究室に配属されて研究を行うことができます。この科目を通して、物理学の奥深さや勉強とは大きく異なる“研究”を体感することができました。また、実験事実と理論をともに重要視する物理学は、数学と不可分の関係にあります。確かな数学の力を養うことのできるカリキュラムも物理学科の魅力のひとつです。物理学科 2年荒川 航輝さん早稲田大学本庄高等学院出身 自然科学を基礎として、最先端の理学・工学・医学の融合領域まで、世界最高水準の研究・教育および社会への実践的な貢献を実行する先進的な学部・大学院です。 学部1年次から学科ごとに基礎となる学問体系を着実に修得すると共に、高学年・大学院では学科・専攻の壁を越えた最新の学術分野における知識を修得し、各自の可能性にチャレンジしながら、幅広い分野でリーダーとして世界的に活躍できる研究者・技術者を養成します。 「物質」「生命」「システム」をキーワードに、「ナノマテリアル」「システムインテグレーション・ロボティクス」「エネルギー・環境」「創薬科学」「医工学」「High QOL エンジニアリング」「遺伝子機能と情報」「細胞機能:計測と制御」などの研究領域への人材輩出を目指します。先進理工学部・研究科先進理工学部・研究科のWebサイトはこちらから 応用物理学科は、物理学を基礎として、理学から工学にわたる幅広い分野をカバーする学科です。最新の物理学を駆使して時代を切り開き、科学技術を創造する人材の育成を目的としています。変化の激しい現代では、常識にとらわれない着想を発展させることで独創的な技術が生まれます。同時に、新しい技術は基礎研究の発展を促します。これは、理学の成果を工学へ応用し、逆に実問題を通して根本原理を振り返るという理工学の精神そのものであり、その意味で本学科は最も理工学部らしい学科といえるでしょう。応用物理学科/物理学及応用物理学専攻 応用物理学科には、あなたの努力次第で、非常に充実した学びと経験が得られる環境が整っています。例えば、3年次の実験では、興味のある実験項目を自ら選択し、3週間かけて深く学ぶことができます。また、サークル活動やアルバイトとの両立を実現している友人も多く、大学生ならではの楽しみも経験することができます。私自身は、学問の専門性や、実験で培った論理的思考、探求力を生かし、分野を問わず活躍できる女性を目指しています。応用物理学科 4年磯口 燿子さん千葉県立千葉高校出身J-32

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る