文化構想学部シラバス2021
485/620

科目名現代人間論系演習(こころとからだの関係を考える)担当者名宮田裕光人間2単位春学期木曜日5時限2年以上―――授業概要現代においては、SNSによるコミュニケーションやAI、ビッグデータなどの情報技術が発達し、私たちを取り巻く人間関係や社会との関わり方が大きく変容している一方、ストレスや精神疾患、医療と健康、幸福感、ジェンダーなどをめぐる心の問題も多様化、複雑化している。こうした時代の中で、人間の心と身体の関係やあり方はどのように捉えられるべきだろうか。本演習では、心と身体の関係やあり方をめぐる主題について、文献講読を通して学ぶ。具体的に取り上げられるテーマは、哲学、仏教、芸道、臨床心理学、生理心理学、東洋医学など、多岐にわたる。これらを踏まえて、主に東洋における心と身体の見方が、心理学や脳神経科学といった現代の心の研究にどのように貢献しうるかについても考える。本演習の内容は、生命の根源としての場所、名人芸をみちびく直観、東洋の医学・生命観など、人間の心身と生命の本質に深く切り込むきわめて大切な内容を含んでいる。これらを、予備知識を前提とせず、心身論にはじめて触れる履修者も理解できるように講読する。各回の進め方は以下を予定しているが、履修者数などを考慮して調整する。(1)各回の講読箇所のテキストについて、要点をノートに整理する。(2)グループに分かれて講読部分の内容確認および討論を行う。(3)テキストの要点および討論内容を各グループの代表者が発表し、全体討論を行う。授業の到達目標(1)心と身体の関係やあり方をめぐる主題について、東洋と西洋を含めた幅広い視点から理解できる。(2)講読するテキストについて、理解した内容とみずからの考えを的確に伝えられるようになる。成績評価方法試験0%なしレポート50%各回の授業で、講読文献の要約や討論内容をまとめたノートを提出する。平常点50%発表、討論を含む、演習参加への積極的態度を総合的に評価する。授業実施回の23以上の出席を成績評価の前提とする。その他0%なし備考・関連URL本演習の関連内容をさらに学習する意欲のある方には、講義心身論(春学期)、生活世界と身体(秋学期)、現代人間論系演習生活世界・社会と身体(春学期)、他者と身体、身体から見た人間(秋学期)などと合わせての履修を推奨します。教員紹介:http:www.waseda.jpgendainingenmiyata.htmlhttps:www.wasedapsychology.jpteacher.html科目名現代人間論系演習(他者と身体、身体から見た人間)心と身体の心理学を探求する担当者名宮田裕光人間2単位秋学期木曜日2時限2年以上―――授業概要現代においては、SNSによるコミュニケーションやAI、ビッグデータなどの情報技術が発達し、私たちと他者、社会との関係のあり方が大きく変容している一方で、ストレスや精神疾患、医療と健康、幸福感、ジェンダーなどをめぐる心の問題も大きな社会問題となっている。こうした時代の中で、人間の心と身体の関係やあり方はどのように捉えられるべきだろうか。本演習では、心と身体、他者と社会などに関わる研究分野の文献講読を行い、心身に関連する諸問題への理解を深めていく。心と身体についての研究は、複数の学問分野を横断する学際的な性質を持つものである。そのため、演習で具体的に取り上げられるテーマは、心と身体の心理学(身体心理学、ソマティック心理学)、臨床心理学、心理療法、脳神経科学、マインドフルネスと健康・幸福、哲学、仏教、身体的実践(ボディーワーク)、東洋医学、生命科学など、自然科学、社会科学、および人文学を幅広く包括するものとなる見込みである。授業では、グループに分かれて講読文献を選定し、レジュメによる発表とグループ討論、および全体討論を行う。心理学以外の幅広い関心を持つ履修者も含まれることを考慮し、予備知識は前提とせず、必要に応じて補完資料や解説を加え、全体の理解が進むように授業を行う。授業の到達目標(1)心と身体に関連する諸問題について、文献講読を通して理解を深める。(2)講読する文献について、その要旨と各自の論点を的確に伝え、内容についての議論ができるようになる。(3)みずからの研究に必要な文献を検索できるようになる。成績評価方法試験0%なしレポート20%レジュメ発表の機会がなかった履修者に課す。課題内容は授業内で指示する。平常点80%発表資料、プレゼンテーション、討論を含む、演習参加への積極的態度を総合的に評価する。授業実施回の23以上の出席を成績評価の前提とする。その他0%なし備考・関連URL本演習は、現代人間論系演習生活世界・社会と身体(春学期)の学習内容を応用、発展させたものと位置づけられますが、単独で履修することも可能です。本演習の関連内容をさらに深く学習する意欲のある方には、上記科目に加え、講義心身論(春学期)、生活世界と身体(秋学期)、現代人間論系演習こころとからだの関係を考える(春学期)などと合わせての履修を推奨します。教員紹介:http:www.waseda.jpgendainingenmiyata.htmlhttps:www.wasedapsychology.jpteacher.html専門演習―493―

元のページ  ../index.html#485

このブックを見る