文化構想学部シラバス2021
385/620

う。イタリア文化と触れあいながらイタリア語の習得を目指す。語彙力を高め文法を正しく学んだ上で、さまざまな場面を想定した会話練習を少人数グループで行う。会話練習を通してさらに語彙を増やし、学んだ知識の運用能力の向上を図る。旅行日常会話の場で、自然な会話ができるようになることが、第三外国語としてのイタリア語の目標である。成績評価方法試験20%学習成果や理解度の確認のため、学期末試験を実施します。詳細は授業内で説明します。レポート0%平常点80%出欠席、授業への参加意欲、提出物などによって総合的に評価します。その他0%備考・関連URL学習に役立つお奨めサイト:イタリア文化会館東京http:www.iictokyo.comイタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。科目名第三外国語としてのイタリア語2イタリア語初級−イタリア語の玄関を跨いだ貴方へボンジョルノ担当者名F.ウジッコ伊語2単位秋学期木曜日5時限1年以上―合併科目4授業概要第三外国語としてのイタリア語1に引き続き、文法事項の学習と会話練習を行う。イタリア語の語学力を養うには、文法知識の習得に加えて、生きた言葉として実際に使う演習が重要である。授業では、正確な文法知識に基づく会話の反復練習を通して、語彙力の向上と使える言葉としてのイタリア語の習得を目指す。また、さまざまなメディア(インターネットニュース、ビデオなど)を利用して、言葉と文化について学ぶ。本授業は全回リアルタイム配信型授業として実施します。但し、行動制限指針授業危機レベルが0になった場合には、原則として対面授業に切り替えます。授業の到達目標初級文法を学びながら、語彙の拡充を図るとともに基礎的なコミュニケーション能力(EU語学基準CEFRのA1レベル)を養う。イタリア文化と触れあいながらイタリア語の習得を目指す。語彙力を高め文法を正しく学んだ上で、さまざまな場面を想定した会話練習を少人数グループで行う。会話練習を通してさらに語彙を増やし、学んだ知識の運用能力の向上を図る。旅行日常会話の場で、自然な会話ができるようになることが、第三外国語としてのイタリア語の目標である。成績評価方法試験20%学習成果や理解度の確認のため、学期末試験を実施します。詳細は授業内で説明します。レポート0%平常点80%出欠席、授業への参加意欲、提出物などによって総合的に評価します。その他0%備考・関連URL学習に役立つお奨めサイト:イタリア文化会館東京http:www.iictokyo.comイタリア文化会館は美術、音楽、映画、演劇、ダンス、ファッション、デザイン、写真等の多様な分野で文化催事を多数企画・開催しています(年間150以上のイベント)。また、日本の様々な大学や教育機関などとの長年にわたる協力関係のもとで、学術的な催事・講演会を共催し、日本の諸機関や企業などが主催するイタリア関連イベントの積極的な後援も行っています。科目名朝鮮語中級担当者名印省熙朝語2単位春学期木曜日2時限2年以上―合併科目4授業概要本授業はオンライン(リアルタイム配信とオンデマンド配信の混合型)で実施します。週4回の授業を1年(週2回の授業を1年半)程度学習した人を対象に、中級レベルの学習を行います。授業は中級の文法と会話を中心に行いますが、課題を通して読解、作文作成など読み・書き能力の向上を目指します。毎回、テキスト内容と補充文法についての説明動画の視聴と、内容理解確認のための小テストがあるなど、題材と関連した予習・復習の課題と読解や作文の課題があるため、自宅学習が多く求められます。授業の到達目標ハングル能力検定4級〜3級前半レベルの文法の習得を目指します。成績評価方法試験50%中間・期末試験レポート0%無し平常点50%出席、授業への参加度、小テスト、課題などで総合的に判断します。その他0%無し備考・関連URL受講者のレベルによって、上記の授業計画は変更になることがあります。本授業のほか、朝鮮語会話中級または朝鮮語作文中級、レベルが上の人は朝鮮語会話中上級2の授業を合わせて受講することをお勧めします。<留意点>3分の2以上の出席が認められない場合は評価の対象になりません。本授業は対話型・問題発見・解決型教育の手法を導入しており、WasedaMoodleなどを利用した自律学習を促しています。毎回、WasedaMoodleなどを使った資料の閲覧と事前・事後学習が必要となります。授業ではハングルタイピングが必要で選択外国語―391―

元のページ  ../index.html#385

このブックを見る