文化構想学部シラバス2021
361/620

科目名中国語作文(中上級)A担当者名小島瑞紀中語2単位秋学期金曜日3時限2年以上―合併科目4授業概要春学期に使用したテキストの補完ができる形の授業を目指す。1回の授業で数課進める。授業で取り上げられない課については、できれば自習をしてほしい。課題の提出は、単語を覚えること、本文の日文中訳、決められた文法項目に則した短文を作ってもらうことである。短文は添削をして返却する。授業の到達目標作文時に犯しがちな簡単な間違いを排除するとともに、少し難しい表現のセンテンスが書けるようになることを最大の目標とする。成績評価方法試験Exam【割合0%】テキストに沿った試験は行わない。レポートPapers【割合30%】期末レポート。何かのテーマについて中国語で感想文を書く。平常点評価ClassParticipation【割合70%】出席点30%課題40%その他Others【割合0%】特になし備考・関連URLMoodleのアナウンスを必ずチェックしてもらいたい。科目名中国語作文(中上級)Bビジネス文書の作文担当者名王瑞来中語2単位秋学期金曜日5時限2年以上―合併科目4授業概要中国語の勉強においては一定の基礎を築いた後に、文章作成能力の向上を目指した作文訓練が必要となる。この授業では実用性の高いビジネス文書を中心として、それらの種類やスタイルなどを紹介し、簡単な文章から複雑な文章まで、精選した文書の和訳・中訳を受講者全員が行う。これを通して作文能力を鍛える。授業の到達目標中国語での実用文章の翻訳能力や作文能力の向上を目指す。成績評価方法試験0%なしレポート0%なし平常点70%作文の完成度その他30%出席率科目名中国語プレゼンテーション(中上級)中国の時事をみる担当者名若林ゆりん中語2単位秋学期水曜日5時限2年以上―合併科目4授業概要この授業では,これまでに学んだ基礎的な知識を活かし,中国語の文法を固めていくことを目的とします。授業では中国の文化・時事問題を扱った文章を読解し,生きた中国語の表現を学んでいきます。中国語文章を精読し、更なる発音を鍛えて中国語と中国文化に対する理解を深めていきます。授業の到達目標中国の社会事情や文化に対する理解を深めながら,中級レベルの理解力,読解力,口頭表現力と文章力を身につけることを目的とします。成績評価方法試験0%なしレポート60%平常点40%出席、普段の授業に取り組む態度などその他0%なし科目名中国語ヒアリング(中上級)担当者名段書暁中語2単位秋学期火曜日5時限2年以上―合併科目4授業概要中級中国語のリスニングを学び、上級中国語リスニング学習への準備を行う授業です。テーマに即した様々な音声・映像の素材を使い、聞く・話す・読む・書くなど多様な練習を通して、聴覚イメージを総合的に形成します。特に、ネイティブスピーカーの発話に耳を慣れさせ、単語・文法・表現などの知識をより自然に身につけることを目指します。授業の到達目標日常に使用される中国語レベルの聴覚イメージを確実に定着すること。新HSK5級レベルの中国語音声の聞き取りを問題なくこなせるようになること。成績評価方法試験60%第10回目と第15回目の授業で試験を行い、学習内容の定着度を確認します。選択外国語―367―

元のページ  ../index.html#361

このブックを見る