文化構想学部シラバス2021
343/620

出席率(30%)、授業への積極的参加(30%)その他0%no科目名ドイツ語で表現する7(中級の会話・作文)Sprech-undSchreibkurs会話・作文のコース担当者名クラヴィッターアルネ独語2単位春学期木曜日5時限2年以上―合併科目4授業概要DerKurszieltaufbauendaufdenGrundkenntnissenNiveauA1aufdenweiterenFortschrittimErwerbderdeutschenSpracheab.DieStudentensollenbefähigtwerden,alltäglicheKommunikationssituationenaufDeutschzubewältigen.DurchergänzendeÜbungenerweiterndieStudierendenihrenWortschatzunderlernendieRoutinenderAlltagskommunikation.この授業では、ドイツ語のA1(初級)レベルに達している人を対象にして、ドイツ人ネイティヴの教員が日常生活に必要なドイツ語の会話と作文の実践練習を行います。毎回、自己紹介、趣味、大学生活、食事、約束、招待、休暇など場面を設定して、それぞれの場面に応じた語彙を増やし、日常的なコミュニケーションに必要な定型表現を身につけます。毎回の出席と授業への積極的な参加を重視して評価します。DerKursfindetaufgrundderCorona-Pandemieonlinestatt.Eswerdenondemand-VideosbereitgestelltmitmultimedialenÜbungen.授業はコロナ対策のためオンラインで実施します。受講生には、すでに撮り終えられたオンデマンドの動画を視聴し、マルチメディアを用いた課題に取り組んでもらいます。授業の到達目標DieerworbenenGrundkenntnisseNiveauA1werdengefestigtunderweitert.DazuwerdenallevierFähigkeitenLesen,Hören,SprechenundSchreibenausgebaut.BesonderesGewichtwirddaraufgelegt,dassdieStudierendenmitHilfevonStichworten(undohneelektronischeWörterbücher)möglichstfreisprechen.ドイツ語のA1(初級)レベルの基礎固めをして、次のレベルへ進んでもらうのが目標です。スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの能力を鍛えますが、特に会話力の養成に力を入れます。キーワードを与えられただけで、(辞書を使わずに)自由に会話を行えるようになることに重点がおかれています。成績評価方法試験40%ErgebnisderPrüfung期末テストレポート0%no平常点60%HäufigkeitderTeilnahme30%,aktiveTeilnahme30%出席(30%)、授業への参加度(30%)その他0%no科目名ドイツ語で表現する8(中級の会話・作文)ドイツ語で簡単な話をしよう、簡単な文章を書こう!担当者名E・ヘルメル独語2単位秋学期水曜日1時限2年以上―合併科目4授業概要この授業ではドイツ語圏の文化を紹介する短いテキストを読み、そのテキストを口頭と作文で纏める練習をします。同時に1年生の時に習った、まださほど定着していない文法、例えばzu不定句、現在完了形、接続法II、前置詞的な目的語なども練習問題で復習します。話す、書く練習以外に聴き取りの練習も頻繁に行います。教材としてはドイツ語圏についての知識を広げる面白いテキストを選びます。授業では次のテーマを扱います:1.ドイツ人の権利意識2.実の親と里親の葛藤B.BRECHT:DerAugsburgerKreidekreis3.日常生活におけるコンピュータ・メディア4.ドイツ人の食生活と健康についての考え5.健康的な栄養という神話語彙と文法は日本語で説明します。授業の到達目標この講座はドイツ語の文法知識をさらに深め、ドイツ語での発言力や筆記表現力や聴解力を育てること、すなわち受講生のドイツ語の語感を発達させ、学生が自主的に簡単な作文を書けることが目標です。成績評価方法平常点(50%)と課題(50%)備考・関連URL語彙と文法は日本語で説明します。選択外国語―349―

元のページ  ../index.html#343

このブックを見る