文化構想学部・文学部
23/32

Mori SaitoSchool of Humanities and Social Sciencesエジプト文化研究会にも所属。2020年度は活動の場をオンラインに移し、通話アプリを用いて工夫しながら、勉強会や交流を重ねてきました。オンラインで活発に交流1年次の春休みにエジプトへ短期留学。生活に根差した形で語学を修得していく面白さを体感し、以降は アラビア語の学習に一層力が入りました。アラビア語研修でエジプトへ戸山図書館4階は、空間の大きさがちょうど良く、落ち着いて読書ができます。自分の本もほかの階の本も わざわざ4階に持って行って読んでいます。読書に最適な心地良い空間専門分野の体系的な学びを礎にエジプト史の研究にまい進中。入学した当初から、2年次以降のコースは中東・イスラーム研究コースを志望していました。きっかけは、高校時代に、このコースの大稔哲也教授が書かれた文章を読んで、中東社会史に興味を抱いたことです。その希望 が叶い、現在は大稔教授の研究指導のもと、主に16~18世紀のオスマン 朝期エジプトについての研究に取り組んでいます。日本語での先行研究は数が限られているため、英語やアラビア語の書籍・論文を読み込む必要があり、語学力の研鑽は欠かせません。研究に取り組む上では、1年次から学んでいるアラビア語や、2年次からの専門分野での体系的な学びが、直接的に役立っていると感じます。今後は、研究をさらに深めるためにトルコ語やフランス語も修得するつもりです。困難な道のりになると 思いますが、早稲田大学には自分の夢や目標に向かって果敢に挑戦する人たちが多くいて勇気づけられます。卒業後は、大学院に進んで研究を続け、この研究領域における第一人者を目指したいと考えています。森 才人 さん東京都・國學院大學久我山高等学校 出身文学部 中東・イスラーム研究コース 4年文学部この続きはWebでとある月曜日9:00起床・支度10:402時限目の授業12:10昼食13:003時限目の授業16:305時限目の授業19:15夕食20:00サークル活動(オンライン)23:00語学・文献読解25:00就寝時間割 [ 3年春学期 ]MONTUEWEDTHUFRISAT1時限2時限中東・イスラーム前近代史1中東・イスラーム研究演習5アラビア語上級(会話)1中東・イスラームの政治経済3時限中東の移民とイスラームの拡大イラン・トルコ研究アラビア語上級(読解)14時限ドイツ語を読む1(文学)英文学講義Ideas in Context25時限中東・イスラームのフィールドワーク人体の構造と機能及び疾病アラビア語中級(時事アラビア語)16時限児童文学研究会で、子どもたちへの読み聞かせや 紙人形劇上演などの活動をしています。自分たちで製作し、練習を重ねて上演した紙人形劇を、熱心に見て もらえたときには達成感を覚えます。手作りの紙人形劇を披露(2020年度開講科目)[22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る