学部入学案内
79/198

1年次2年次3年次4年次第1セメスター第2セメスター第3セメスター第4セメスター第5セメスター第6セメスター第7セメスター第8セメスター専攻科目基礎演習A中級演習海外留学(必須)演習科目2060基礎演習B卒業研究入門科目中級科目中級科目上級科目講義科目40共通基礎科目入門統計学統計科目 217英語Ⅰ/英語Ⅱ/英語Ⅲ語学科目15その他外国語自由選択科目共通基礎科目/専攻科目/留学準備講座/ 全学オープン科目/他学部・他機関設置科目/ 海外学習期間習得科目47発展科目教職課程科目/大学院先取科目 などー※平常時のモデルプランです。※基礎演習A、入門統計学の一部・その他外国語の一部は日本語で行われます。これら以外の科目は原則として英語で行われます。※9月に入学した学生は、基本的に海外留学期間が3学年の第5セメスター、第6セメスターになります。  ※日本語以外を母語とする学生〔Study Plan 2〕は、海外留学は任意です。 ※英語Ⅰ・Ⅱ、その他外国語は、入学時のレベルに応じて、免除等の措置を受けることがあります。卒業必要単位数(合計124単位)上級演習英語による授業と演習(ゼミ)教育の重視多様なバックグラウンドを持つ教員と学生が自由に討論し、相互理解を深めていく環境そのものが、国際社会でのコミュニケーション能力を養うことに通じると考え、ほぼすべての授業を英語で実施しています。また、1年次から設置されている演習(ゼミ)では、学生と教員の比率を20:1を基本とする少人数教育を行っています。活発な議論、対話、質疑応答やプレゼンテーションを通じて、英語で学び、考え、発信する力を養います。1年間の海外留学が必須キャンパスを異なる文化・歴史・背景・言語を持った世界の学生が交流する場として捉え、海外の教育機関と密接な連携を図っています。キャンパスにいながらにしてグローバルな環境に身を置くことができますが、日本語が母語の学生は、さらに外国の大学等に1学年相当期間留学することが必須となっています。700以上の協定校から留学先を選べるほか、国際教養学部の学生限定の留学プログラムも用意しています。海外留学中の単位は卒業必要単位として認定されるため、原則として4年間で卒業することができます。Curriculum物事を異なる角度から見る力を培い人と人、文化と文化の橋渡し役に企業活動でも重要性を増すテキストデータ解析言語学の中でも、大量のテキストデータをコンピュータの助けを借りて解析する計算言語学を専門としています。例として、ある特定のテーマに関するソーシャルメディア上の議論について、単語ごとの出現頻度などを調べることで、議論の中に潜むパターンや深い意味を読み取ることが可能になります。近年こうしたテキストデータの解析は企業活動でも重視され、市場調査や企業ブランド力向上などの目的で活用されています。また、この分野の学びを通して得られる、膨大なデータを適切に検索し分析する能力は、人生におけるいろいろな選択の場面でも助けとなるはずです。留学先の生活で感じた疑問を起点にテーマを探究ゼミではドイツの文化をはじめ幅広いテーマを扱っています。ゼミ生の多くはドイツ語圏への留学を終えて私のゼミに入るため、現地で感じた疑問や興味を起点に、例えば環境政策や移民問題など各自のテーマを掘り下げて研究を進めます。歴代のゼミ生の中には、大学でドイツ語を一から学び、卒業後にドイツで職を得て活躍している人もいます。このように、1年間の留学を含めた国際教養学部での学びの先には、想像を超える可能性が広がっています。幅広い学問分野の教養に基づく多角的な視点を活かし、卒業生には、人と人、文化と文化を橋渡しする役割を担ってほしいと期待しています。SCHARLOTH, Joachim シャルロート・ヨアヒム国際教養学部 教授Message from Professorハイデルベルグ大学大学院修了。博士(ドイツ学)。チューリッヒ大学で教授資格(Dr. habil.)取得。チューリッヒ大学助教授、獨協大学外国語学部准教授、ドレスデン 工科大学教授を経て、2017年から現職。専門はコーパス言語学、第二言語教育。7575国際教養学部School of International Liberal Studies

元のページ  ../index.html#79

このブックを見る