学部入学案内
37/198

国籍や出身地で 先入観を持たず相手と 向き合うことを学びましたICC(異文化交流センター)提供プログラム本学の国際性豊かな環境を活かし、「すべての学生たちが、国境、国籍、文化の枠を超えて、異文化理解を深めながら、活発な相互交流を行う過程で、新たな価値観や文化を生み出すこと」を目指しています。テーマに基づき気軽に会話を楽しむカフェ・イベント、特定の国や地域を紹介するカントリー・フェスタ、グローバルに活躍されている方を迎えてのトーク・セッション、学生同士が互いの母語や文化を教え合うランゲージ&カルチャー・エクスチェンジなど、年間約300のイベントを実施。イベントを学生自らが創り・育てることで、異文化理解促進のための情報発信拠点となるだけでなく、学生自身の成長にもつながります。異文化交流を楽しみましょう!学生主体の「創り・育てる」異文化交流コミュニティベトナムの高校を卒業後に来日し、日本語学校を経て早稲田に入学しました。新入生オリエンテーションでICCを知り、 異文化交流の機会にひかれてイベントに参加するように。 次第に、こうした楽しい場を提供する側に立ちたいとの思いが 強くなり、2年次からICCの学生スタッフリーダーになりま した。活動の中でも特に心に残っているのが、ベトナムフェスティバルを企画し実現したことです。大使館などにも協賛を依頼し、仕事の進め方の基本を学ぶ機会にもなりました。さまざまなイベントを作り上げる経験を通し、視野も人脈も広がったほか、国籍や出身地などで相手に先入観を持たず、その人の内面を見るようになったのも自分自身の大きな変化です。現在携わる会計監査の仕事では、クライアントと対話を重ね、事業や社風を深く理解した上で仕事を進めることを意識しています。ICCで仲間と役割を分担したり助け合ったりしながら 根気強く取り組んだ経験は今、チームで監査業務にあたる上で役立っています。タ・ティ・カイン・ホア Ta Thi Khanh HoaPwCあらた有限責任監査法人ベトナム・ハノイ出身2017年 商学部 卒業テーマ・キャンプジャパニーズ・カルチャー・ウィーク● カントリー・フェスタ● にほんごペラペラクラブ● フィールド・トリップ● テーマ・カフェ● 各国言語ランチ● スポーツ・イベント● イングリッシュ・チャットクラブ● アウトリーチ・プログラム● トーク・セッション● ランゲージ&カルチャー・エクスチェンジ● ジャパニーズ・カルチャー・ウィーク● 日英オンライン・エクスチェンジ・プログラム主なプログラム・イベントカテゴリ※2021年度実施予定の一部https://www.waseda.jp/inst/icc/詳しい情報はウェブサイトへ33の早稲田で行動力を手に入れる世界で輝く

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る