学部入学案内
32/198

リーダーシップ開発プログラム「リーダーシップ」と聞くと、生まれながらに人々や組織を率いることができる特殊な才能を持った、特別な人を思い浮かべるかもしれません。しかし今日では、リーダーシップに求められるものは「権限によって組織を率いる力」ではなく「組織において調和を図り、各人の能力を引き出す環境を作り出す力」へと変わってきています。本プログラムでは、今日求められているリーダーシップを身につけるべく、理論から実践まで体系的に展開された授業を履修することができます。また授業では学生同士で振り返りを行い、自身の行動が他者にどのように捉えられたかを把握することにより、自身の課題・改善点を洗い出し今後の行動に役立てることができます。「権限によらないリーダーシップ」を目指して2021年度科目一覧● リーダーシップ開発 :理論とスキル● リーダーシップ開発:問題解決プロジェクト● リーダーシップ開発:社会人へのトランジション● リーダーシップ開発:授業外への適用● 他者のリーダーシップ開発1(OD1)● 他者のリーダーシップ開発2(OD2)● リーダーシップ開発と組織開発1(LOD1)● リーダーシップ開発と組織開発2(LOD2)● リーダーシップ開発授業設計実習1● リーダーシップ開発授業設計実習2中林 竜清 Nakabayashi Tassei日本IBM株式会社神奈川県・横浜隼人高校出身2018年 人間科学部 健康福祉科学科 卒業 ディスカッションは 他者や自分を見つめ直すきっかけに 就職活動にも影響を与えた科目小学生の頃からさまざまなリーダーを経験してきましたが、自分がリーダーとしての役割を果たせているのか、常に疑問に思っていました。大学入学後、今まで自分が思い描いていたリーダーシップと学問的なリーダーシップとではどのような違いがあるのか学びたいと考え、2年次後期からリーダーシップ科目を履修しました。学部や学年を超え、ディスカッションベースの授業で学びや互いへの信頼が深まり、多様性を容認できるようになったと感じています。「権限を持っていなくても誰でもリーダーシップスキルを発揮できる」という学びから、年齢に関わらず良い意見には耳を傾けてくれる「傾聴力」のある会社で、自分がリーダーシップを発揮できる環境で働けるかどうかを就職の軸としました。リーダーシップの考え方は関わる人や時代によっても変化するもので、ゴールはないと思っています。これからも早稲田での学びを活かし学習者であり続け、会社や社会の成長に貢献していきたいと思います。https://www.waseda.jp/inst/gec/gec/program/leadership/詳しい情報はウェブサイトへ28人間的力量教育

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る