学部入学案内
165/198

種 類6畳(貸間)6畳(風呂・トイレ付)アパート木造30,000円~58,000円~マンション鉄筋―70,000円~家賃の目安額 (2021年度参考)※上記はあくまで目安額です。※通常、上記家賃以外に入居時に敷金(0~2カ月)、礼金(0~2カ月)、仲介手数料 (1カ月+消費税)等と毎月の共益費または管理費、水道光熱費等が必要になります。※日程・会場などの詳細はレジデンスセンターウェブサイトをご確認ください。学生住宅フェア日程 (2022年4月入学者用 予定)家賃68,000円食費28,000円光熱費9,000円電話・通信費3,000円交際費10,000円合計118,000円1カ月の主な生活費K5帖UB洗CL部屋間取り総合型選抜・学校推薦型選抜 受験生対象一般選抜・共通テスト利用入試 受験生対象2021年/11月中旬~12月中旬2022年/2月中旬~3月中旬早稲田大学生活協同組合(生協)TEL:0120-023-921E-Mail: [email protected]早稲田大学関連会社早稲田大学の学生・教職員が出資する生活協同組合が、安心の住まい探しをサポートします。多くの賃貸仲介業者と提携しており、取扱物件も豊富です。(株)早稲田大学プロパティマネジメント学生住宅センターTEL:03-5285-3016E-Mail: [email protected]早稲田大学が出資する会社で、これまでも多くの早大生を受け入れてきた家主さんの物件を取り扱っています。また、学生会館・学生マンションの管理会社と提携しているので、さまざまなニーズに合った紹介が可能です。早稲田大学周辺には多くの賃貸物件紹介業者がありますが、入学試験合格後、アパート、マンションを探されるのであれば、下記の2社で紹介を受けることをお奨めします。いずれも学生向きの物件を多く扱い、一般の業者と比べて手数料が安く、安心して暮らせる物件の紹介を受けることができます。2社それぞれの店舗窓口での相談も可能ですが、合同の物件紹介として「学生住宅フェア」を開催します。一度に多くの物件を比較検討したい方は、ぜひご利用ください。住まい探しのサポート高校時代に遠距離通学をしていた経験から、一人暮らしをする部屋は 大学から近いことを第一条件に探しました。早稲田キャンパスから徒歩5分ほどの距離の、落ち着いた住宅街に部屋を見つけることができ、便利な生活を送っています。周辺にも早稲田の学生が多く暮らしており、 友人と一緒に食事をしたり、気軽に会えたりする環境です。一人暮らしは時間を自由に使うことができる反面、家事など自分自身でやるべきことも増えるため、優先順位をつけてタスク管理をすることが重要です。 2年次になり、専門的な授業が増えたことで、予習や復習に今までよりも時間がかかるようになりました。オンライン授業の合間に家事をこなすなど、効率や時間配分を考えながら、学びと暮らしが両立できるように工夫しています。アルバイトでは学生生活課の学生スタッフをしていますが、授業の予定に合わせて柔軟に働けるのも助かっています。多様性や新たな経験を求めて早稲田に入学し、さまざまな人と出会ったことで、当初は苦手だった人とのコミュニケーションも積極的に取れるようになってきました。今後はゼミでの学びが始まるほか、サークル活動でも中心的な役割を任されています。一人暮らしの自由度の高さを活かして、学生時代にしかできないより多くの経験を積んでいきたいと思っています。西川 昌良 Nishikawa Akira商学部 2年広島県・修道高校出身生活や学習におけるタスク管理が日常に自由な時間を活用して積極的に経験を積みたいMessage from  Students161学生寮・住まいW

元のページ  ../index.html#165

このブックを見る