学部入学案内
146/198

海外留学へのステップ留学をより実り多いものにするために、留学を含めた将来設計を立てる、留学の目的を明確にする、語学力・学業成績の向上、留学時期・場所・期間の絞り込み、 経済力・資金計画など、入念な準備と強い問題意識を持って臨むことが重要です。各留学プログラムの特徴を説明するほか、海外協定校スタッフによる大学紹介や留学経験者による体験談、個別相談も行います。入学してすぐの参加をお勧めします。海外留学に関する情報提供のほか、相談・手続を行うWaseda Global Gateには、各種留学プログラムの資料や情報が集まっています。留学センターウェブサイトからも最新情報が得られます。各プログラムの候補者の選考は学部を問わず、留学センターで一括して行っています。選考では、語学能力を含む学業成績も重要な要素で、日頃の学習成果が反映されます。分からないことや質問があれば、留学センターに相談しましょう。留学中にトラブルが起きた場合も必要に応じて解決へのサポートを行います。留学センターは、留学先の大学への願書提出や査証(ビザ)取得など、留学前の手続について必要なサポートをします。ただし留学する学生自身が主体的に準備を進めることが重要です。留学へ留学準備・出発前オリエンテーションStep74月、10月に開催される「留学フェア」に参加Step1受入先大学による選考・審査Step6希望プログラムの決定・出願Step3情報収集Step2留学プログラム候補者決定Step5学内選考Step4Message from Students 留学サポート オーストリア University of Graz からの留学生OTT, Juliusオット ユリウス大学院経済学研究科に在籍工学と経済学の学際的な学びを深め 留学で得る貴重な出会い、経験は未来への投資オーストリアのグラーツ大学で、企業の利益と環境への配慮を両立するサスティナブルテクノロジーを研究しています。この分野の第一人者である近藤康之先生と中村愼一郎先生に師事したいとの思いで、早稲田大学経済学研究科を留学先に選びました。学部生時代のアメリカ留学で出会った日本人の友人に影響されたことや、ヨーロッパとは全く異なる日本の文化に惹かれたことも理由の一つです。早稲田大学には最先端の研究をしている先生が多く在籍しており、そうした先生から直接指導を受ける ことで自分の研究をより深めることができます。また、授業での活発なやり取りや学生寮での交流、サイクリングサークルへの参加を通して、学生同士のコミュニケーションも楽しんでいます。サスティナブルテクノロジーは持続可能な社会を実現するために必要不可欠な技術であり、今後ますます重要になる成長分野です。今後は研究を 続けて博士号を取得し、大学で教鞭をとるのが夢です。142142

元のページ  ../index.html#146

このブックを見る