学部入学案内
145/198

早稲田大学の学位に加え、海外名門大学の学位も取得可能です。外国語に関する高度な読解力、聴解力、会話力が求められるため、希望者の語学力については厳格な審査を行っています。プログラムによって、対象学部・研究科や期間が異なります。対象 プログラムにより異なる留学先 北京大学、復旦大学、国立台湾大学、香港中文大学、高麗大学校、シンガポール国立大学、米国アーラム・カレッジなど費用 早稲田大学の学費等およびダブルディグリー登録料15万円(アーラム・カレッジのみ、留学先大学学費等)最初から比較的高い語学力が要求され、現地の学生と共に通常科目を履修します。人数枠は通常各校1~3名。留学先大学の学費は原則免除されます。対象 学部生・大学院生(プログラムにより学年の制限あり)留学先 協定先大学 費用 早稲田大学の学費等のみ支払い留学先大学では、外国語学習(主に中国語や韓国語、ドイツ語、イタリア語など)を中心とした授業を履修します。一部、通常科目の履修が可能な場合もあります。そのほかはEX-Rプログラムと同等の内容で、留学先大学の学費は原則免除されます。対象 学部生・大学院生(プログラムにより学年の制限あり)留学先 協定先大学 費用 早稲田大学の学費等のみ支払い留学先大学が早稲田生のために定めるカリキュラムに参加します。現地の学生が学ぶ通常科目から、ある程度自由に履修可能です。対象 学部生留学先 北米、ヨーロッパ、オセアニアなど 費用 留学先のプログラムフィーを早稲田大学に支払い、早稲田大学の学費等は免除CS-Rプログラムと同様、留学先大学が早稲田生のために定めるカリキュラムに参加します。外国語学習を中心としながら、語学レベルに応じてテーマに基づいた科目を履修可能です。対象 学部生留学先 北米、ヨーロッパ、オセアニア、東アジアなど 費用 留学先のプログラムフィーを早稲田大学に支払い、早稲田大学の学費等は免除原則1年のCS-R/CS-Lプログラムの留学期間を半年に絞ったコンパクトなプログラムです。就職活動や卒業のタイミングを逃さないメリットがあります。ほかの長期プログラムとは異なり、出発の半年前に募集・選考を行います。対象 学部生留学先 北米、ヨーロッパ、オセアニア、東アジアなど 費用 留学先のプログラムフィーを早稲田大学に支払い、早稲田大学の学費等は免除短期の語学研修は、長期留学のような語学スコアによる選考がなく、航空券手配も含まれているので海外経験がない方でも気軽に参加できます。また、現地の学生と企業や社会の課題解決に取り組むビジネス実習プログラムや異文化理解プログラムも用意しています。対象 学部生・大学院生留学先 北米、ヨーロッパ、オセアニア、東アジア、東南アジアなど 費用 研修費用をプログラムごとに支払うStudent's Voice現地の学生と同じ環境下で学ぶDDプログラムでは、普段の授業課題やテスト対策でも友人と協力します。留学中に知り合った友人とは帰国後も頻繁に連絡を取るほど仲良くなることができ、一生の仲間を作ることができました。政治経済学部 国際政治経済学科 4年政治経済学部 国際政治経済学科 3年政治経済学部 国際政治経済学科 3年教育学部 英語英文学科 4年政治経済学部 経済学科 3年文化構想学部 社会構築論系 3年教育学部 教育学科 教育学専攻 生涯教育学専修 3年中国・北京大学私は、留学を実りあるものにするために何をすべきか、常に考えながら過ごしていました。しかし結局は、できる限り積極的に行動したもの勝ちです。皆さんもぜひ留学を選択肢の一つとして考えてみてください。イギリス・ロンドン大学 東洋アフリカ学院台湾だけでなく、同じ目標を持った各国の人たちとも交流を深められたことが、このプログラムに参加してよかったことです。また、語学だけでなく、多種多様な文化を体験することができるのもCS-Lプログラムの強みだと思います。台湾・国立台湾大学一番大切なのは留学期間の長さではなく、留学そのものに一歩踏み出すかどうかだと思います。短期留学でも素晴らしい発見がたくさん待っているので、興味を持った方は是非留学センターのウェブサイト等で調べてみてください!シンガポール・シンガポール経営大学留学先を選ぶ上で重視したのが、国際政治学を一流の先生から学べることです。学部の先生に相談したところ、その先生が以前研究を行っていた大学を紹介していただき、自分の目的にぴったりの場所で学ぶことができました。アメリカ・カリフォルニア大学サンディエゴ校参加したプログラムでは、英語だけではなく、興味に応じて学びたい科目を履修できます。最初は自分の英語が通じないこともありましたが、授業中積極的に発言したり、寮にいる友人と毎日話したりして、克服していきました。アメリカ・アメリカン大学多国籍の学生と学びを共にする中で、考え方や文化の違いに驚くこともありましたが、同時に日本について改めて学ぶ良い機会となりました。揉めることもあったものの、最終的にはお互い理解しあえたことも良い思い出です。アイルランド・ユニバーシティカレッジダブリン畑 蘭乃Hata Ranno寺崎 陽南子Terasaki Hinako根本 千聡Nemoto Chisato周 詩惠Shu Shie池田 龍哉Ikeda Ryuya石渡 柚花Ishiwata Yuzuka大空 理人Osora MasatoStudent's VoiceGLFPコミュニティとの出会いが、私に大きな成長をもたらしてくれました。経験や価値観の異なるGLFPメンバーと学ぶ中で、自分の視野が広がっていき、とても刺激的な日々でした。留学後のフォーラムでは、早稲田とアメリカからの学生とともに、興味をもった分野で個人研究を実施。研究テーマは違ったものの、互いに学びあう姿勢が感じられ、問題意識の共有や意見交換を重ねていくうちに、自分の強みやこれからの人生において軸にしたいものが見えてきました。多様なバックグラウンドを持つ同期と互いに高めあい成長できることが、このプログラムを特別なところだと思います。GLFPの仲間と真剣に向き合った時間を忘れず、これからも自分がどう社会を変えていけるのか考えていきたいです。国際教養学部 4年栗岡 希 Kurioka Nozomiアメリカ・ワシントン大学141141

元のページ  ../index.html#145

このブックを見る