学部入学案内
133/198

旅行・運輸 2.4%不動産・建設 5.7%公務員 3.6%教育 1.2%エネルギー 0.9%教員 1.8%非営利 0.3%その他 6.0%時限MONTUEWEDTHUFRISAT1スポーツ 教養演習Ⅰスポーツ英語C:会話社会学2スポーツ動作情報解析移動 (所沢~東伏見)筋骨格系の 基礎科学3身体の文化史スポーツ方法実習Ⅰ (合気道)スポーツ英語B:種目 別(バスケットボール)スポーツ方法実習Ⅰ (陸上競技:トラック)スポーツ方法実習Ⅰ(水泳)4Tutorial Englishスポーツ方法実習Ⅰ (バスケットボール)Tutorial English5基礎法学671年生の時間割時限MONTUEWEDTHUFRISAT1フィットネス産業論健康スポーツ原論B(健康スポーツ心理)2健康スポーツの体力・栄養科学演習Ⅱ(健康スポーツの心理・行動科学)3スポーツマーケティング論コンディショニング実習01スポーツ社会学スポーツ方法実習Ⅱ(サッカー)0445673年生の時間割主な就職先 ※2021年4月14日現在、キャリアセンター調べ凸版印刷(5)、東京海上日動火災保険(5)、三井住友銀行(4)、楽天(4)、三菱マテリアル(3)、日本電気(NEC)(3)、三菱電機(3)、福岡銀行(3)、みずほフィナンシャルグループ(3)、日本生命保険(3)、明治安田生命保険(3)、日本放送協会(NHK)(3)、博報堂(3)、キリングループ(2)、エーザイ(2)、ENEOS(2)、ジェイテクト(2)、キーエンス(2)、東芝(2)、本田技研工業(2)、美津濃(ミズノ)(2)、ファーストリテイリンググループ(2)、りそなグループ(2)、千葉銀行(2)、三菱UFJニコス(2)、ジェーシービー(JCB)(2)、SMBC日興証券(2)、大和証券(2)、野村證券(2)、住友生命保険(2)、JTB(2)、NTT東日本(2)、NTTドコモ(2)、神奈川県教員(2)、博報堂DYメディアパートナーズ(2)、クイック(2)、CTCテクノロジー(2)、パーソルプロセス&テクノロジー(2)、東急スポーツオアシス(2)、自衛隊一般曹候補生(2)月曜日を除いて週6日練習があります。もちろん授業が優先ですが、平日は毎日3時間ほど練習しています。自分で体を動かしながら、指導するときに気をつけるポイントなどを学ぶ授業です。さまざまな種目を経験できます。学校や部活動など、子どもの運動や体力に関する問題について学びます。教員を目指すうえで役立つと思い履修しました。6:009:0012:0015:0018:0021:0024:00[ 1年、3年生の例 ]時間割モデル 卒業後の進路河合 陽平 Kawai Yoheiスポーツ科学部 健康スポーツコース 3年 愛知県立時習館高校出身スポーツと学問、どちらの分野も高いレベルで両立できるのが魅力小学生の頃から陸上競技に取り組んでいて、箱根駅伝での活躍に憧れていたこと、また一方で勉強も好きだったことから、陸上競技と学業の両方を高いレベルで両立できる早稲田大学を志望しました。所属している体育会の競走部にはトップレベルのアスリートも多く在籍しており、日々良い刺激をもらっています。学業面では、運動と健康の生理学を扱う宮下政司先生のゼミを選択。どうしたらより速く走れるか、強い選手の特徴はなにかなどを、データを用いて科学的な視点で考えるのが面白く、さらに詳しく研究したいと思って います。高校までの競技生活では、ただ単に指導者から言われた通りに実践することが多かったのですが、現在は授業で修得した筋肉や栄養などの知識を参考に、自分で調べたり考えたりしながら練習や食事に活かしています。早稲田には最先端の研究や指導をしている先生が多く、常に新しい情報を 得ることができるのが魅力です。今後は体育の教員になりたいという夢に向かって、勉強と競技を両立させながら頑張っていきたいと思います。Time ScheduleMessage from  Student1時限 9:00-10:30 2時限 10:40-12:10 3時限 13:00-14:30 4時限 14:45-16:15 5時限 16:30-18:00 6時限 18:15-19:45 7時限 19:55-21:25※ 掲載されている情報はイメージです。確定した時間割ではありませんので、 各科目の時間割の変更が生じ、当モデルのように履修できない場合もあります。情報通信13.2%金融15.3%メーカー 21.1%専門サービス13.5%商業7.2%マスコミ7.8%[ 3年次 ]3時限目スポーツ方法実習Ⅱ(器械運動)競走部練習帰宅・夕食体のケア・ストレッチなど勉強授業の予習・復習朝食・移動就寝1時限目学校体育経営学友人と昼食起床・競走部朝練習移動129129スポーツ科学部

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る