学部入学案内
115/198

宇宙剏成直後の超ミクロ状態での物理現象を一般相対論を超えた統一的な理論で解明量子力学と一般相対論を統一した理論を構築したい近年、飛躍的に発展した観測技術により、宇宙の膨張、重力波、ブラックホール など、アインシュタインが一般相対論で予言した物理現象が次々と実証されています。このような観測データを用いることにより、宇宙創成から10-38秒以降の出来事、例えばインフレーションなどの物理は検証可能となりました。しかし、宇宙開闢の頃の、原子より桁違いに小さい超ミクロ状態での物理現象を取り扱うには、 量子力学と一般相対論を融合させた理論が必要であると考えられています。私は、そのような統一理論の構築を目指しており、それに基づく理論的な予言と最新の観測データとの比較から、宇宙進化の詳細に迫ろうとしています。暗黒エネルギー、暗黒物質の正体に挑むさまざまな観測データは、現在の宇宙の加速的な膨張を示唆しており、その源である正体不明の暗黒エネルギーは宇宙の約70%を占めています。さらに、宇宙の構造形成の主役を担った暗黒物質という未知の物質は、宇宙の約25%を占めています。このように、宇宙は多くの謎に満ちており、暗黒エネルギーや暗黒物質の起源を探るのも私の重要な研究テーマです。研究室の学生も、最新の観測データ を用いて、これらの物理現象の解明に取り組んでいますが、高度な研究にも物理学の基礎からの積み上げが重要です。入学後は1年次の「物理入門」などの微分積分を用いた物理学をベースに、基礎理論をしっかり学んでほしいと思います。辻川 信二Tsujikawa Shinji先進理工学部 物理学科 教授Message from Professor東京大学理学部卒業、早稲田大学大学院理工学研究科修了。博士(理学)。東京理科大学理学部准教授、教授を経て2020年より現職。専門は宇宙物理学で、インフレーション、暗黒エネルギー、暗黒物質などの研究から宇宙創成と進化の謎に迫る。1年次2年次3年次4年次大学院各分野の専門家としての基礎を固める学科・専攻の壁を超えた最新の学術分野への道が開かれている学科ごとに入学時から専門教育 物理学科 応用物理学科 化学・生命化学科 応用化学科 生命医科学科 電気・情報生命工学科学際型を含む11の先進的な大学院専攻● 物理学及応用物理学専攻● 化学・生命化学専攻● 応用化学専攻● 生命医科学専攻● 電気・情報生命専攻● 生命理工学専攻● ナノ理工学専攻● 共同原子力専攻● 共同先端生命医科学専攻(博士後期課程)● 共同先進健康科学専攻(博士後期課程)● 先進理工学専攻(一貫制博士課程)光・量子エレクトロニクスケミカル・バイオサイエンスエネルギー化学・マテリアル細胞・組織工学素粒子・宇宙有機・無機デバイス持続可能社会疾患生物学情報科学 先端的な学際分野を学習できる基礎学力の修得とともに先進領域への展開を可能とする実践力の涵養を目的として、第一線級の若手研究者・技術者の育成のためのカリキュラムを編成しています。物理・化学・生命科学・情報・数学 などの「共通基礎」を横軸に、縦軸として各学科の専門分野に応 じた「専門基礎」を厚く確実に修得することができます。これらを基に、高学年次(主に卒業論文研究配属以降)には、先端的な学際 分野を学習できる機会を多く設けています。学理の基礎と応用を実践的に修得先進理工学部では、「研究」と「教育」が切れ目なく密に統合されていることが、最大の特長です。講義科目に加え、演習・実験などの科目を多く配し、学理の基礎と応用を実践的に修得していきます。習熟度を確認するためのチェックポイントが設定されているなど、各学科のカリキュラムに応じた、きめ細やかな学習プログラムの進捗状況を、各学生が自己認識することができるため、修学意欲をより高めることができます。Curriculum111111先進理工学部School of Advanced Science and Engineering

元のページ  ../index.html#115

このブックを見る