学部入学案内
10/198

早稲田大学の創設者大隈 重信 (1838-1922)佐賀・鍋島藩の武士の家に生まれ、後に長崎に出て英語や近代的な学問を学びました。明治政府においては参議・大蔵卿を歴任し、近代財政を確立しました。貨幣としての「円」を誕生させ、前島密を起用し近代的な郵便事業を開始し、伊藤博文とともに鉄道を開業させ、太陽暦を導入するなど、文明開化政策も次々に推進させました。また後には、立憲改進党を組織し、1898年には日本初の政党内閣を成立させ、1914年にも第二次大隈内閣を組織しました。「一国独立の基礎は自主独立の精神にあふれた国民の形成にある」という信念を持っていた大隈重信には、教育に対する大きな情熱がありました。明治14年の政変で下野した翌年には、早稲田大学の前身となる東京専門学校を創設しました。当初は政府から謀反人の学校とみなされ、さまざまな圧力を加えられました。大隈が目指したのは、国家が必要とする人材を養成する“官学”に対して、在野的な自由主義精神に富む人材を育成することです。それが“学問の独立”をはじめとする理念となり、現在にも受け継がれています。小野梓は、立憲改進党の結成や東京専門学校の創設に精魂を傾けた人物です。大隈重信の意志に骨格を与え肉をつけ、具体的な形にしていきました。東京専門学校の開校式で演説を行い、「学問の独立」を宣言しました。 「学問の独立」によって、外国の学問や支配からの独立を目指し、当時東京大学では外国語で講義を行っていましたが、日本語による講義を行い誰もが学べるようにしました。また、政治から学問を独立させることで、「権力からの独立」へと発展していきました。「学問の独立」を宣言小野 梓6

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る